The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

October 6, 2016 Vol. 375 No. 14

病院のパフォーマンスによる心筋梗塞後の平均余命
Life Expectancy after Myocardial Infarction, According to Hospital Performance

E.M. Bucholz and Others

背景

病院のパフォーマンスの評価と比較には,急性心筋梗塞後の 30 日リスク標準化死亡率がよく用いられている.しかし,病院間での急性心筋梗塞後早期の生存率の差が,長期生存率の差に関連するかどうかは明らかにされていない.

方 法

1994~96 年に急性心筋梗塞で入院したメディケア受給者を 17 年以上追跡した研究「心血管共同プロジェクト(CCP)」のデータを解析した.病院を,ケースミックス重症度に基づき 5 つの層に分類した.各層内で,パフォーマンスのよい病院に入院した患者の平均余命と,パフォーマンスのわるい病院に入院した患者の平均余命とを比較した.病院のパフォーマンスは,30 日リスク標準化死亡率をもとに五分位に分類した.平均余命は Cox 比例ハザードモデルを用いて算出した.

結 果

対象は 1,824 の病院に急性心筋梗塞で入院した 119,735 例であった.ケースミックスの各層において,リスク標準化死亡率の各五分位層の病院に入院した患者の生存曲線は,最初の 30 日間に分離し,その後 17 年の追跡期間中は平行を保った.病院のリスク標準化死亡率の五分位が高くなるにつれて,推定余命は短くなった.パフォーマンスのよい病院で治療を受けた患者は,パフォーマンスのわるい病院で治療を受けた患者よりも,病院のケースミックスに応じて,平均で 0.74~1.14 年長く生存した.30 日の時点で生存していた例では,病院のリスク標準化死亡率の五分位層間で,補正前,補正後ともに,平均余命に有意差は認められなかった.

結 論

この研究では,急性心筋梗塞後にパフォーマンスのよい病院に入院した患者の平均余命は,パフォーマンスのわるい病院で治療を受けた患者よりも長かった.この生存への利益は最初の 30 日間に認められ,長期にわたり持続した.(米国国立心臓・肺・血液研究所,米国国立総合医科学研究所の医学者訓練プログラムから研究助成を受けた.)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2016; 375 : 1332 - 42. )