The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

February 6, 2020 Vol. 382 No. 6

無作為化試験でのボリューム CT スクリーニングによる肺癌死亡率の低下
Reduced Lung-Cancer Mortality with Volume CT Screening in a Randomized Trial

H.J. de Koning and Others

背景

ボリュームデータに基づく低線量 CT によるスクリーニングで男性の過去喫煙者および現在喫煙者の肺癌死亡率を低下させることが可能かに関して,無作為化試験のデータは限られている.

方 法

50~74 歳の男性 13,195 人(主要解析)と女性 2,594 人(サブグループ解析)が,T0(ベースライン),1 年,3 年,5.5 年の時点で CT スクリーニングを受ける群と受けない群に無作為に割り付けられた.オランダおよびベルギーの全国登録と連携して癌の診断,および死亡の日付と原因に関するデータを入手し,可能な場合は審査委員会が肺癌が死因であることを確認した.2015 年 12 月 31 日まで,最短で 10 年間の追跡調査が全参加者に行われた.

結 果

男性では,CT スクリーニングに対するアドヒアランスは平均で 90.0%であった.スクリーニングを受けた参加者のうち,平均で 9.2%(初回スクリーニングで判定不能)がさらに 1 回以上 CT を受けた.疑われる結節で紹介された割合は全体で 2.1%であった.追跡調査 10 年の時点での肺癌発生率は,スクリーニング群で 1,000 人年あたり 5.58 件,対照群で 1,000 人年あたり 4.91 件であり,肺癌死亡率はそれぞれ 1,000 人年あたり 2.50 件,3.30 件であった.男性では,対照群と比較したスクリーニング群の 10 年の時点における肺癌による累積死亡率比は 0.76(95%信頼区間 [CI] 0.61~0.94,P=0.01)であり,8 年および 9 年の時点における値と同程度であった.女性では,10 年の時点での率比は 0.67(95% CI 0.38~1.14)であり,7~9 年の時点における値は 0.41~0.52 であった.

結 論

高リスク者を対象としたこの試験で,ボリューム CT スクリーニングを受けた人は,受けなかった人と比較して肺癌死亡率が有意に低かった.肺癌を示唆する結果に対してフォローアップ検査が行われた割合は低かった.(オランダ健康研究開発機構ほかから研究助成を受けた.NELSON 試験:Netherlands Trial Register 番号 NL580)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2020; 382 : 503 - 13. )