The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

February 27, 2020 Vol. 382 No. 9

経カテーテル大動脈弁置換術と外科的大動脈弁置換術との 5 年後の転帰の比較
Five-Year Outcomes of Transcatheter or Surgical Aortic-Valve Replacement

R.R. Makkar and Others

背景

高度の大動脈弁狭窄症と中等度の手術リスクを有する患者に経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)を施行した場合と外科的大動脈弁置換術を施行した場合とで,長期的な臨床転帰と生体弁機能を比較したデータは乏しい.

方 法

57 施設で,高度の大動脈弁狭窄を有する中等度リスクの患者 2,032 例を登録した.予定されている経路が経大腿動脈アプローチか経胸腔アプローチかで患者を層別化し(それぞれ 76.3%と 23.7%),TAVR を施行する群と外科的置換術を施行する群に無作為に割り付けた.臨床,心エコー,健康状態の転帰を 5 年間追跡した.主要エンドポイントは全死因死亡または障害を伴う脳卒中とした.

結 果

5 年の時点で,全死因死亡または障害を伴う脳卒中の発生率に,TAVR 群と外科的置換術群とのあいだで有意差は認められなかった(それぞれ 47.9%と 43.4%,ハザード比 1.09,95%信頼区間 [CI] 0.95~1.25,P=0.21).経大腿動脈アプローチコホートの結果は同様であった(それぞれ 44.5%と 42.0%,ハザード比 1.02,95% CI 0.87~1.20).しかし,経胸腔アプローチコホートでは,死亡または障害を伴う脳卒中の発生率は TAVR 後のほうが外科的置換術後よりも高かった(59.3% 対 48.3%,ハザード比 1.32,95% CI 1.02~1.71).5 年の時点で,軽度以上の大動脈弁周囲逆流が認められた患者は,TAVR 群のほうが外科的置換術群よりも多かった(33.3% 対 6.3%).再入院は TAVR 後のほうが外科的置換術後よりも多く(33.3% 対 25.2%),大動脈弁への再介入についても同様であった(3.2% 対 0.8%).5 年の時点での健康状態の改善は,TAVR 群と外科的置換術群とで同程度であった.

結 論

手術リスクが中等度の大動脈弁狭窄症患者では,TAVR 後 5 年の時点での死亡または障害を伴う脳卒中の発生率に,外科的大動脈弁置換術後と比較して有意差は認められなかった.(エドワーズライフサイエンス社から研究助成を受けた.PARTNER 2 試験:ClinicalTrials.gov 登録番号 NCT01314313)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2020; 382 : 799 - 809. )