The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

August 13, 2020 Vol. 383 No. 7

肺癌治療の進歩が人口死亡率に及ぼす影響
The Effect of Advances in Lung-Cancer Treatment on Population Mortality

N. Howlader and Others

背景

肺癌には,非小細胞肺癌(NSCLC)や小細胞肺癌(SCLC)を含む独自の亜型がある.米国における肺癌全体の死亡率は低下しているが,死亡診断書には亜型の情報が記録されていないため,人口レベルでの癌亜型別の死亡率の傾向についてはほとんどわかっていない.

方 法

サーベイランス・疫学・最終転帰(SEER)の収集地域で得たデータを用いて,肺癌死亡率を評価し,肺癌死亡を SEER のがん登録の新規発症例と関連付けた.これにより,人口レベルでの特定の亜型に起因する死亡率(発生率に基づく死亡率)の傾向の評価が可能となった.癌亜型別,性別,暦年別の肺癌発生率と生存率も評価した.解析ソフトウェア Joinpoint を用いて,発生率の変化と,発生率に基づく死亡率の傾向を評価した.

結 果

NSCLC による死亡率は,NSCLC の発生率よりもさらに早く低下し,この低下は生存率が経時的に大きく改善したことに関連しており,時期は分子標的治療薬の承認時期に一致した.男性では,2013~16 年の NSCLC の発生率に基づく死亡率の年間低下率は 6.3%であったのに対し,2008~16 年の発生率の年間低下率は 3.1%であった.これに対応する肺癌特異的生存率は,NSCLC が 2001 年に診断された男性で 26%であったのが,2014 年に診断された男性では 35%に改善した.この生存率の改善は,すべての人種と民族集団で認められた.NSCLC を有する女性でも同様の傾向が認められた.対照的に,SCLC による死亡率は,ほぼ完全に発生率の低下によって低下し,生存率の改善はみられなかった.この結果は,検討した期間における SCLC 治療の進歩が限られていたことと相関する.

結 論

米国の人口レベルでの NSCLC による死亡率は,2013 年から 2016 年にかけて急激に低下し,診断後の生存率が大きく改善した.今回の解析から,治療の進歩,とくに分子標的治療薬の承認・使用とともに発生率が低下したことが,この期間中に観察された死亡率の低下を説明する可能性が示唆される.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2020; 383 : 640 - 9. )