The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

September 3, 2020 Vol. 383 No. 10

MET エクソン 14 変異または MET 増幅を有する非小細胞肺癌に対するカプマチニブ
Capmatinib in MET Exon 14–Mutated or MET-Amplified Non–Small-Cell Lung Cancer

J. Wolf and Others

背景

非小細胞肺癌(NSCLC)患者では,3~4%に MET エクソン 14 スキッピング変異,1~6%に MET 増幅が生じている.MET 受容体の選択的阻害薬であるカプマチニブは,MET をさまざまな機序で活性化させた癌モデルにおいて活性を示している.

方 法

MET 制御異常を有する進行 NSCLC 患者を対象にカプマチニブを評価する複数コホート第 2 相試験を行った.患者を,前治療数と MET の状態(MET エクソン 14 スキッピング変異,腫瘍組織の遺伝子コピー数別の MET 増幅)に基づいて複数のコホートに割り付け,カプマチニブ(400 mg 錠)を 1 日 2 回投与した.主要評価項目は全奏効(完全奏効または部分奏効)とし,重要な副次的評価項目は奏効期間とした.いずれもコホートの割付けを知らないメンバーから成る独立判定委員会によって評価された.

結 果

計 364 例がいずれかのコホートに割り付けられた.MET エクソン 14 スキッピング変異を有する NSCLC 患者では,1~2 種類の前治療歴のある 69 例の 41%(95%信頼区間 [CI] 29~53)と,前治療歴のない 28 例の 68%(95% CI 48~84)で全奏効が得られた.奏効期間中央値はそれぞれ 9.7 ヵ月(95% CI 5.6~13.0)と 12.6 ヵ月(95% CI 5.6~推定不能)であった.前治療歴があり遺伝子コピー数 10 未満の MET 増幅を有する患者では有効性は限定的であった(全奏効が得られた患者は 7~12%).遺伝子コピー数 10 以上の MET 増幅を有する患者のうち,前治療歴のある患者の 29%(95% CI 19~41)と,前治療歴のない患者の 40%(95% CI 16~68)で全奏効が得られた.とくに報告が多かった有害事象は末梢性浮腫(51%)と悪心(45%)であり,その大部分はグレード 1 または 2 であった.

結 論

カプマチニブは,MET エクソン 14 スキッピング変異を有する進行 NSCLC 患者,とくに前治療歴のない患者で高い抗腫瘍活性を示した.MET 増幅を有する進行 NSCLC に対する有効性は,遺伝子コピー数が多い腫瘍では少ない腫瘍よりも高かった.低グレードの末梢性浮腫と悪心が主な毒性であった.(ノバルティスファーマシューティカルズ社から研究助成を受けた.GEOMETRY mono-1 試験:ClinicalTrials.gov 登録番号 NCT02414139)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2020; 383 : 944 - 57. )