The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み
  • 目 次
  • This Week at NEJM.org

    NEJM.orgからピックアップされている注目記事の一覧です.

July 31, 2003
Vol. 349 No. 5

ORIGINAL ARTICLE

  • 転移性腎癌に対する抗血管内皮増殖因子抗体ベバシツマブ
    Bevacizumab, an Anti-Vascular Endothelial Growth Factor Antibody, for Metastatic Renal Cancer

    転移性腎癌に対する抗血管内皮増殖因子抗体ベバシツマブ

    この無作為試験では,抗血管内皮増殖因子抗体であるベバシツマブが,転移性腎細胞癌患者における疾患進行までの時間を延長した.生存率に影響はなかった.
    腎細胞癌は血管内皮増殖因子を過剰産生する.この試験の結果は,この因子が腎癌の進行に重要であることを示唆している.

  • 人工内耳と髄膜炎のリスク
    Cochlear Implants and the Risk of Meningitis

    この研究では,人工内耳を装着した小児 26 例における細菌性髄膜炎を同定した.発生率は他の小児に比べてはるかに高かった.リスクは,シラスティック製くさび形装置を組み込んだ人工内耳でもっとも高く,この装置は 2002 年 7 月に製造業者によって回収された.リスクは,内耳奇形や脳脊髄液の漏出がみられる小児においても高かった.
    髄膜炎リスクの増加は,人工内耳が多くの重症の難聴児にもたらす大きな利益と比較考慮されなければならない.このような装置を埋め込む前に,適切なワクチン接種が不可欠である.

  • パリカルシトールまたはカルシトリオールによる治療を併用する血液透析患者の生存率
    Survival of Patients Undergoing Hemodialysis with Paricalcitol or Calcitriol Therapy

    二次性副甲状腺機能亢進症に関連するカルシウム値およびリン値の上昇は,長期血液透析患者の血管障害を促進する可能性がある.一部のデータ収集を前向きに行った,無作為割り付けを伴わない今回の後ろ向きコホート研究では,標準的注射療法カルシトリオールと,カルシウム値上昇が少ない新規ビタミン D 類似体パリカルシトールとを比較した.パリカルシトールはカルシトリオールよりも低い死亡率に関連した(0.180 対 0.233 死亡/人-年).
    血液透析患者においてパリカルシトールが生存率に関して有利であるという知見を,前向き無作為試験によって確認すべきである.

BRIEF REPORT

  • ビスフォスフォネート誘発性大理石骨病
    Bisphosphonate-Induced Osteopetrosis

    ビスフォスフォネートは,骨形成不全症や若年性骨粗鬆症などの疾患に使用されることが多くなっている.しかし,ビスフォスフォネートは破骨細胞の活性と機能を抑制することで骨吸収を阻害するため,成長期の小児における有害事象の可能性が懸念されている.著者らは,約 3 年間高用量パミドロン酸投与を受けた 12 歳の少年における,薬剤誘発性大理石骨病の症例について報告している.
    成長期の患者における過剰用量のビスフォスフォネート投与は,骨密度が増加するにもかかわらず,同時に骨格の質を損なう可能性がある.

CLINICAL PRACTICE

  • 非侵襲性心臓検査の対象とする無症候性患者の選択
    Selecting Asymptomatic Patients for Noninvasive Cardiac Testing

    40 歳の健常男性は,定期的に運動を行い,たばこを吸わず,心症状もみられない.血圧は 120/80 mmHg,総コレステロール値は 180 mg/dL,高比重リポ蛋白コレステロール値は 50 mg/dL,体格指数は 24,空腹時の血糖値は 95 mg/dL である.冠動脈疾患の家族歴はない.冠動脈リスクの評価を確かなものにするために,この男性に冠動脈のコンピュータ断層撮影または運動負荷心電図検査の受診を勧めるべきであろうか?

  • 薬物誘発性の肝毒性
    Drug-Induced Hepatotoxicity

    薬物誘発性の肝毒性

    薬物誘発性の肝障害は,米国における急性肝不全症例の 50%以上を占める.また,特異体質による薬物反応の 75%以上は肝移植や死亡を招く.この総説は,薬物誘発性肝障害の病因,肝臓に関連する一般的な薬物有害反応と薬物承認の過程について述べている.薬物誘発性の肝毒性に対する認識と監視が,急性肝不全の症例を予防するかもしれない.

CORRESPONDENCE

  • 知的障害と血中鉛濃度

  • 肥満と癌

  • 腫瘍性骨軟化症とX 連鎖低リン血症における線維芽細胞増殖因子 23

  • 慢性リンパ性白血病における ZAP-70

  • コルチコステロイド治療を受けたSARS 患者における致命的なアスペルギルス症

  • SARS 関連コロナウイルスに対する特異抗体のプロファイル