The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

  • 目 次
  • This Week at NEJM.org

    NEJM.orgからピックアップされている注目記事の一覧です.

November 13, 2008
Vol. 359 No. 20

ORIGINAL ARTICLE

  • 急性肺損傷に対する人工換気
    Mechanical Ventilation in Acute Lung Injury

    呼気終末陽圧(PEEP)は,急性肺損傷・急性呼吸促迫症候群患者の酸素化を改善するために用いられている.この予備的試験では,食道内圧をもとに肺内外圧差を推定し PEEP を調整することで,人工呼吸器管理の従来のアプローチに比べて,酸素化が改善されることが示されている.

  • 全身肥満・腹部肥満と死亡リスク
    General and Abdominal Adiposity and Risk of Death

    この研究では,主要な慢性疾患を認めない欧州の対象者 350,000 例以上を対象とし,体格指数(BMI),ウエスト周囲径,ウエスト・ヒップ比それぞれの,死亡リスクとの関連を検討した.このデータから,全身肥満と腹部肥満の両方が死亡リスクと関連することが示唆され,とくに BMI の低い集団の死亡リスクの評価には,BMI に加え,ウエスト周囲径またはウエスト・ヒップ比を用いることが支持される.

  • 重度の強迫性障害に対する視床下核刺激
    Subthalamic Nucleus Stimulation in Severe Obsessive-Compulsive Disorder

    重度の難治性強迫性障害(OCD)患者 16 例を対象としたこの 10 ヵ月間のクロスオーバー二重盲検試験では,視床下核の刺激により OCD の症状が緩和された.重篤な有害事象は 11 例で生じ,うち 1 件は脳内出血,2 件は電極の抜去を要する感染であった.

CLINICAL PRACTICE

  • 前十字靱帯断裂
    Anterior Cruciate Ligament Tear

    女子高校生のサッカー選手が,ディフェンダーをかわそうとして,片脚を軸に相手に接触せずに左に体の向きを変えたところ,脚の脱力を感じ,パンという音が聞こえ,激痛を覚えた.女子生徒は歩いて退場することも,競技に復帰することもできなかった.その晩,女子生徒の膝は徐々に腫脹した.翌日,評価を受けるために受診した.この症例をどのように管理すべきであろうか?

MOLECULAR ORIGINS OF CANCER

  • 頻度の高い癌に対する遺伝的感受性
    Inherited Susceptibility to Common Cancers

    この総説では,5 つの主要な癌である,乳癌,肺癌,膵癌,前立腺癌,大腸癌への感受性を高める生殖細胞系列遺伝子について論じている.家族性であることが多く,しばしば若年齢で発症し,非典型的な発症をすることの多いこれらの癌は,生殖細胞系列遺伝子の変異によって引き起こされ,体細胞遺伝子の二次変異を伴うことが多い.最後は臨床的意義,とくに遺伝カウンセリングについての考察で締めくくっている.

CASE RECORDS OF THE MASSACHUSETTS GENERAL HOSPITAL

  • 錯乱と記憶喪失を呈する男性
    A Man with Confusion and Memory Loss

    65 歳の右利きの男性が,最近錯乱と記憶喪失が生じたため,当院に搬送された.脳の MRI 検査で,側頭葉,左前脳基底部,島領域に左右対称の異常が示された.胸部 CT では,前縦隔に腫瘤を認めた.診断手技が行われた.

CLINICAL DECISIONS

  • JUPITER 試験 ― あなたは診療を変えますか?
    JUPITER Trial ― Will You Change Your Practice?

    新たにインターネットに掲載された双方向の記事では,JUPITER 試験の結果から提起された疑問への回答を募集している.この大規模無作為化試験では,高脂血症でない患者における心血管イベントの発生数は,ロスバスタチン群のほうがプラセボ群より有意に少なかった.この結果は診療にどのような影響を与えるだろうか? 回答とコメントを本誌ウェブサイト www.nejm.org にお寄せください.

PERSPECTIVE ROUNDTABLE

  • プライマリケアを再設計する
    Redesigning Primary Care

    プライマリケアを再設計する

    米国のプライマリケア医が治療しなければならない患者が増え続けている.慢性疾患も増え,対応する時間がますます不足するなかで,プライマリケア医の報酬は超専門医に比べはるかに少ない.ビデオ討論会(本誌ウェブサイト www.nejm.org で視聴可能)では,プライマリケアの専門家数名が,この危機的状況と実行可能な解決策について検討している.