The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み
  • 目 次
  • This Week at NEJM.org

    NEJM.orgからピックアップされている注目記事の一覧です.

September 27, 2018
Vol. 379 No. 13

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • 心筋梗塞後の装着型自動除細動器
    Wearable Cardioverter–Defibrillator after MI

    急性心筋梗塞を起こし,左室駆出率 35%以下の患者が,装着型自動除細動器と内科的治療を受ける群と,内科的治療のみを受ける群に無作為に割り付けられた.90 日の時点で,不整脈死に群間で有意差はみられなかった.

  • カンナビノイド製剤のスーパーワルファリン汚染
    Superwarfarin Contamination of Cannabinoid Products

    マリファナ製品にブロディファコウムのような長時間作用性抗凝固薬が混入したことにより,イリノイ州やその他の州で血尿と腹痛を特徴とする凝固異常の集団発生が起こった.長期ビタミン K 療法と支持療法が管理手段である.

  • 心臓手術における制限的輸血と非制限的輸血との比較
    Restrictive or Liberal Transfusion for Cardiac Surgery

    心臓手術を受ける中~高リスクの患者を対象とした大規模無作為化試験において,6 ヵ月の時点での転帰から,複合転帰に関して,制限的な赤血球輸血戦略は,非制限的戦略に対して非劣性であることが示された.

  • 体液中のジカウイルスの持続 — 最終報告
    Persistence of Zika Virus in Body Fluids ― Final Report

    ジカウイルス(ZIKV)はこの数年間でアメリカ大陸全体に急速に拡大した.この最終報告では,体のさまざまな部位で ZIKV の系統的評価が行われた.ZIKV は,血清中,尿中,精液中に検出される頻度が高く,2~6 週間持続することが多かった.

BRIEF REPORT

  • 短報:脊髄損傷後の平地歩行機能の回復
    Recovery of Over-Ground Walking after Spinal Injury

    完全脊髄損傷患者 4 例のうち 2 例が,集中的なトレッドミルトレーニングと,その補助としてオーダーメイドの腰仙部脊髄硬膜外電気刺激療法を行ったあと,平地歩行が可能になった.残りの 2 例は起立・着席する能力を獲得した.

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • 先天性サイトメガロウイルス感染症
    Congenital Cytomegalovirus Infection

    妊娠している 35 歳の女性がルーチンの胎児超音波検査を受け,脳室拡大が明らかになった.分娩後の検査で,新生児の先天性サイトメガロウイルス感染症が確認された.

PERSPECTIVE

  • 医学生のためのメンタルヘルスサービス
    Mental Health Services for Medical Students

    医学生は抑うつ,自殺念慮,燃え尽きの割合が一般集団よりも高い.学校は,学生のメンタルヘルスケアのニーズを満たすためにできることはすべて行っていることを保証するための手続きを見直し始めた.

Videos, Images, and Multimedia

INTERACTIVE MEDICAL CASE

  • 厄介な状況
    A Sticky Situation

    厄介な状況

    この双方向性の症例報告では,意識障害,幻視,嗜眠を呈する 71 歳の男性を取り上げる.NEJM.org でご自身の診断・治療技術を試してください.

BRIEF REPORT VIDEOS

  • 硬膜外刺激による歩行・起立
    Stepping or Standing with Epidural Stimulation

    硬膜外刺激による歩行・起立

    硬膜外刺激による歩行・起立の訓練と,硬膜外刺激による平地歩行の達成に関する 4 つの動画をご覧いただけます.

CASE RECORDS OF THE MASSACHUSETTS GENERAL HOSPITAL

  • 慢性の腹痛を有する女性
    A Woman with Chronic Abdominal Pain

    慢性の腹痛を有する女性

    グアテマラ出身の女性が,潜在性結核感染症の治療のため地域の医療センターを受診した.2 ヵ月前から腹痛が続いているという.検査にて,上行結腸に非閉塞性の腫瘤が認められた.診断が下された.

NEJM QUICK TAKE

  • 心筋梗塞後の高リスク期間における装着型自動除細動器
    Wearable Cardioverter–Defibrillator in High-Risk Period after MI

    心筋梗塞後の高リスク期間における装着型自動除細動器

    装着型自動除細動器が,高リスク期間中の突然死を防ぐことができるかどうかは明らかにされていない.新しい研究知見が短い動画にまとめられている.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • 銃による暴力に取り組む
    Addressing Gun Violence

    銃による暴力に取り組む

    Garen Wintemute が,銃器関連死亡を防ぐ可能性のある州および連邦政府の政策について論じている.

INTERACTIVE GRAPHIC

  • 銃による暴力と銃規制法
    Gun Violence and Gun-Control Laws

    銃による暴力と銃規制法

    銃による暴力のデータと,いくつかの銃規制法に関する情報を双方向性の図でご覧いただけます.