The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

January 30, 1997 Vol. 336 No. 5

小児急性リンパ芽球性白血病の寛解期における残存白血病の測定
MEASUREMENT OF RESIDUAL LEUKEMIA DURING REMISSION IN CHILDHOOD ACUTE LYMPHOBLASTIC LEUKEMIA

W.M. ROBERTS AND OTHERS

背景

B -細胞前駆急性リンパ芽球性白血病 ( ALL ) の完全寛解は,染色した骨髄塗抹標本の光学顕微鏡検査においてリンパ芽球がほとんど存在しないこととこれまで定義されてきたが,寛解期の患者には,なお 1010 個もの白血病細胞が潜伏している.われわれは,治療の転帰と残存疾患の顕微鏡で検出できないレベルの証拠との関連の有無を検討した.

方 法

われわれは,正常な骨髄単核球細胞 20 万個中 1 個の生存白血病細胞を検出できる定量的ポリメラーゼ連鎖反応(PCR) 測定法とクローン原性芽球コロニー測定法を用いて,最初の臨床的寛解期にある患者のプロスペクティブ試験を実施した.子供 24 人の骨髄標本を 5 年間連続的に評価し,その結果を臨床的転帰と比較した.

結 果

治療完了後 2 ~ 35 ヵ月間に患者 7 人が再発し,17 人が寛解期にあった.2 群の残存白血病細胞 DNA レベルは有意に異なっていた ( p < 0.001; 正常な骨髄細胞 DNA に対する白血病細胞 DNA の平均対数変換率の差に関する 95%信頼区間,0.38 ~ 1.28 ).自己回帰分析により,再発した個々の患者の傾向を特定した.患者 17 人では寛解傾向が続いているにもかかわらず,残存白血病の証拠は 15 人において PCR によって検出され,7 人では PCR と芽球コロニー測定法の双方によって検出された.

結 論

残存白血病の分子的兆候は,寛解期にある ALL の子供の化学療法中止後 35 ヵ月まで持続しうる.このことは,すべての白血病細胞の根治が治癒にとって必ずしも必要条件ではない可能性を示唆する.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 336 : 317 - 23. )