The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

October 16, 1997 Vol. 337 No. 16

急性心筋梗塞に対するレテプラーゼとアルテプラーゼの比較
A COMPARISON OF RETEPLASE WITH ALTEPLASE FOR ACUTE MYOCARDIAL INFARCTION

THE GLOBAL USE OF STRATEGIES TO OPEN OCCLUDED CORONARY ARTERIES (GUSTO III) INVESTIGATORS

背景

 レテプラーゼ (遺伝子組み替え型プラスミノーゲン活性化因子) は,アルテプラーゼ組織プラスミノーゲン活性化因子の変異株で,その親分子より半減期が長く,急性心筋梗塞の予備試験において血管造影で優れた結果を生じた.この大規模臨床試験において,われわれは,これら二つの血栓溶解剤の有効性と安全性を比較した.

方 法

 20 ヵ国 807 の病院から,ST 部分上昇または脚ブロックの症状発現後 6 時間以内に入院した患者延べ 15,059 人を 2 : 1 の比に無作為割付けして,レテプラーゼ 10MU を 30 分間隔で 2 回投与,または 90 分間で最高 100mg を注入するアルテプラーゼの急速点滴静注を行った.第一義的仮説は,レテプラーゼでは 30 日死亡率が有意に低いことであった.

結 果

 30 日死亡率はレテプラーゼ群で 7.47%,そしてアルテプラーゼ群で 7.24%であった (補正 p = 0.54;オッズ比,1.03; 95%信頼区間,0.91 ~ 1.18 ).死亡率の絶対差に関する 95%信頼区間は,-1.1 ~ 0.66%であった.レテプラーゼ治療患者の 1.64%およびアルテプラーゼ治療患者の 1.79%に,脳卒中が起った ( p = 0.50 ).死亡または非致命的な障害の残る脳卒中を合わせた複合エンドポイントの各発生率は,7.89%および 7.91%であった ( p = 0.97;オッズ比,1.0; 95%信頼区間,0.88 ~ 1.13 ).

結 論

 アルテプラーゼの急速点滴静注と比較すると,レテプラーゼは投与が容易であるが,急性心筋梗塞の治療にさらなる生存利益を生じなかった.その他の結果,とくに死亡,または非致命的な障害の残る脳卒中を合わせた複合エンドポイントは,二つのプラスミノーゲン活性化因子について非常に類似していた.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 337 : 1118 - 23. )