The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

August 7, 1997 Vol. 337 No. 6

コルチコステロイド誘発性骨粗鬆症の予防に対する間欠的エチドロネート療法
INTERMITTENT ETIDRONATE THERAPY TO PREVENT CORTICOSTEROID - INDUCED OSTEOPOROSIS

J.D. ADACHI AND OTHERS

背景

 骨粗鬆症は,コルチコステロイド療法により起ることが知られて いる合併症である.これを予防できるか否かはわかっていない.

方 法

 われわれは,最近,高用量コルチコステロイド療法を開始した男女 141 人 (年齢,19 ~ 87 歳) において,エチドロネート間欠投与 ( 400mg /日を 14 日間) の後にカルシウム ( 500mg /日を76 日間) 投与を行う療法を 4 サイクル実施する 12 ヵ月間の無作為プラセボ対照臨床試験を実施した.第一義的転帰基準は,ベースラインから 52 週までの群間における腰椎骨密度変化の差であった.第二義的基準は,大腿頸部,転子,および橈骨の骨密度および新規脊椎骨折の発生率であった.

結 果

 エチドロネート群の腰椎および転子の平均 (± SE ) 骨密度はそれぞれ,0.61± 0.54 および 1.46 ± 0.67%増加したのに対し,プラセボ群ではそれぞれ 3.23 ± 0.60 および 2.74 ± 0.66%減少した.1 年後の群による差の平均値は腰椎に関して 3.72 ± 0.88%ポイント ( p = 0.02 ) および転子に関して 4.14 ± 0.94%ポイント ( p = 0.02 ) であった.大腿頸部および橈骨の変化は群による有意差を示さなかった.エチドロネート群では新たに脊椎骨折した閉経後女性の比率がプラセボ群と比較して 85%減少し (患者 31 人中 1 人 対 32 人中 7 人,p = 0.05 ),エチドロ ネート治療閉経後女性はまた,患者 1 人当りの脊椎骨折も有意に少なかった ( p = 0.04 ).

結 論

 間欠的エチドロネート療法は,コルチコステロイド治療患者における椎骨および転子骨の喪失を予防する.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 337 : 382 - 7. )