The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

July 29, 2004 Vol. 351 No. 5

HIV 感染患者における慢性 C 型肝炎ウイルス感染に対する PEG インターフェロンα- 2a とリバビリンの併用
Peginterferon Alfa-2a plus Ribavirin for Chronic Hepatitis C Virus Infection in HIV-Infected Patients

F.J. Torriani and Others

背景

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染者では,C 型肝炎ウイルス(HCV)の感染率が高く,HCV への感染は高い有病率や死亡率と関連している.HIV 感染患者に対する慢性 HCV 感染の治療において,ポリエチレングリコール(PEG)を結合させたインターフェロンα-2a(PEG インターフェロンα-2a)とリバビリンまたはプラセボを併用する方法の有効性と安全性を,インターフェロンα-2a+リバビリンと比較した.

方 法

HIV と HCV の両方に感染し,インターフェロンやリバビリンによる治療歴がない患者 868 例を,3 つのレジメンのいずれかに無作為に割付けた.レジメンは,PEG インターフェロンα-2a(180 μg/週)+リバビリン(800 mg/日),PEG インターフェロンα-2a +プラセボ,インターフェロンα-2a(300 万 IU を週 3 回)+リバビリンとした.患者に 48 週間投与を行い,さらに 24 週間追跡した.主要エンドポイントは,ウイルス学的反応の持続(72 週の追跡終了時に血清 HCV RNA 濃度が 50 IU/mL 未満であることと定義)とした.

結 果

ウイルス学的反応の持続が認められた患者全体の割合は,PEG インターフェロンα-2a+リバビリン群で,インターフェロンα-2a+リバビリン群(40% 対 12%,P<0.001)および PEG インターフェロンα-2a+プラセボ群(40% 対 20%,P<0.001)よりも有意に高かった.1 型の遺伝子型の HCV に感染している患者で,ウイルス学的反応の持続が認められた割合は,PEG インターフェロンα-2a+リバビリン群で 29%,PEG インターフェロンα-2a+プラセボ群で 14%,インターフェロンα-2a+リバビリン群で 7%であった.2 型または 3 型の遺伝子型の HCV に感染している患者では,それぞれ 62%,36%,20%であった.PEG インターフェロンα-2a を含むレジメンで治療を受けた患者では好中球減少と血小板減少が,リバビリンを含むレジメンで治療を受けた患者では貧血がより多く認められた.

結 論

HIV と HCV の両方に感染している患者において,PEG インターフェロンα-2aとリバビリンの併用は,インターフェロンα-2a とリバビリンの併用や PEG インターフェロンα-2a 単独よりも有意に効果があった.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2004; 351 : 438 - 50. )