The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

June 2, 2011 Vol. 364 No. 22

進行期悪性黒色腫患者に対する gp100 ペプチドワクチンとインターロイキン-2 の併用
gp100 Peptide Vaccine and Interleukin-2 in Patients with Advanced Melanoma

D.J. Schwartzentruber and Others

背景

ワクチンによる癌に対する免疫応答の刺激は,依然として課題である.われわれは,黒色腫ワクチンを免疫活性化物質であるインターロイキン-2 と併用することで転帰が改善されるという仮説を立てた.先行の第 2 相試験では,高用量のインターロイキン-2 と gp100:209-217(210M)ペプチドワクチンを投与した転移性悪性黒色腫患者の奏効率は,インターロイキン-2 を単独で投与した患者で予想される奏効率よりも高かった.

方 法

21 施設 185 例を対象に第 3 相無作為化試験を行った.適格基準は,IV 期または局所進行 III 期の皮膚悪性黒色腫であること,HLAA0201 の発現がみられること,脳転移がないこと,高用量インターロイキン-2 療法に適していることなどとした.患者をインターロイキン-2(720,000 IU/kg 体重/回)を単独で投与する群と,不完全フロイントアジュバント(Montanide ISA-51)を添加した gp100:209-217(210M)を 1 サイクルに 1 回投与したあとにインターロイキン-2 を投与する群のいずれかに無作為に割り付けた.主要エンドポイントは臨床反応とした.副次的エンドポイントは毒性,無増悪生存期間などとした.

結 果

両群の患者背景はよく類似しており,1 サイクルあたりのインターロイキン-2 投与量もほぼ同等であった.毒性はインターロイキン-2 療法で予想されるものと一致していた.ワクチン+インターロイキン-2 群では,インターロイキン-2 単独群と比較して,中央施設で確認された全体的な臨床反応が有意に改善し(16% 対 6%,P=0.03),無増悪生存期間がより長かった(2.2 ヵ月,95%信頼区間 [CI] 1.7~3.9 対 1.6 ヵ月,95% CI 1.5~1.8,P=0.008).全生存期間の中央値も,ワクチン+インターロイキン-2 群のほうがインターロイキン-2 単独群よりも長かった(17.8 ヵ月,95% CI 11.9~25.8 対 11.1 ヵ月,95% CI 8.7~16.3,P=0.06).

結 論

進行期悪性黒色腫患者へのワクチンとインターロイキン-2 の併用投与により,インターロイキン-2 単独投与と比較して奏効率が高く,無増悪生存期間が長くなった.(米国国立がん研究所ほかから研究助成を受けた.ClinicalTrials.gov 番号:NCT00019682)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2011; 364 : 2119 - 27. )