The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

December 17, 2015 Vol. 373 No. 25

第 Xa 因子阻害薬の活性中和のためのアンデキサネットアルファ
Andexanet Alfa for the Reversal of Factor Xa Inhibitor Activity

D.M. Siegal and Others

背景

第 Xa 因子阻害薬による治療の合併症に出血があるが,その作用を中和する特異的な薬剤はない. アンデキサネット(andexanet)は,第 Xa 因子阻害薬の抗凝固作用を中和するようにデザインされている.

方 法

健常高齢者のボランティアに,アピキサバン 5 mg を 1 日 2 回,またはリバーロキサバン 20 mg を 1 日 1 回投与した.それぞれの第 Xa 因子阻害薬について,2 部構成の無作為化プラセボ対照試験を行い,アンデキサネットのボーラス投与と,ボーラス投与+2 時間静注投与を評価した.主要評価項目は,抗凝固薬による第 Xa 因子阻害の指標である,抗第 Xa 因子活性の変化(%)の平均とした.

結 果

アピキサバン投与例では,抗第 Xa 因子活性はアンデキサネットのボーラス投与群(24 例)では 94%低下したのに対し,プラセボ群(9 例)では 21%低下し(P<0.001),非結合型アピキサバン濃度はそれぞれ 9.3 ng/mL,1.9 ng/mL 減少した(P<0.001).トロンビン生成が 2~5 分以内に完全に回復したのはそれぞれ 100%,11%であった(P<0.001).リバーロキサバン投与例では,抗第 Xa 因子活性はアンデキサネットのボーラス投与群(27 例)では 92%低下したのに対し,プラセボ群(14 例)では 18%低下し(P<0.001),非結合型リバーロキサバン濃度はそれぞれ 23.4 ng/mL,4.2 ng/mL 減少した(P<0.001).トロンビン生成が完全に回復したのはそれぞれ 96%,7%であった(P<0.001).これらの作用は,アンデキサネットをボーラス+静注で投与した場合に持続した.サブグループでは,D ダイマー,プロトロンビンフラグメント 1,2 の値の一過性上昇が観察されたが,24~72 時間以内に回復した.重篤な有害事象や血栓イベントは報告されなかった.

結 論

健常高齢者において,アンデキサネットは,アピキサバンとリバーロキサバンの抗凝固活性を投与後数分以内に中和し,静注中はその作用が持続した.臨床的な毒性を示すエビデンスは認められなかった.(Portola Pharmaceuticals 社ほかから研究助成を受けた.ANNEXA-A 試験:ClinicalTrials.gov 登録番号 NCT02207725,ANNEXA-R 試験:ClinicalTrials.gov 登録番号 NCT02220725)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2015; 373 : 2413 - 24. )