The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

February 13, 2020 Vol. 382 No. 7

治療歴のある HER2 陽性乳癌に対するトラスツズマブ デルクステカン
Trastuzumab Deruxtecan in Previously Treated HER2-Positive Breast Cancer

S. Modi and Others

背景

トラスツズマブ デルクステカン(trastuzumab deruxtecan)(DS-8201)は,抗 HER2(ヒト上皮成長因子受容体 2)抗体,切断可能なテトラペプチドベースのリンカー,細胞毒性を有するトポイソメラーゼ I 阻害薬で構成される抗体薬物複合体である.第 1 相用量設定試験では,HER2 陽性進行乳癌患者の大半でトラスツズマブ デルクステカンが奏効した(奏効期間中央値 20.7 ヵ月).トラスツズマブ エムタンシンによる治療歴のある HER2 陽性転移性乳癌患者におけるトラスツズマブ デルクステカンの有効性を確認する必要がある.

方 法

2 パートから成る非盲検単群多施設共同第 2 相試験で,トラスツズマブ エムタンシンによる治療歴のある,病理学的に確認された HER2 陽性転移性乳癌の成人患者を対象に,トラスツズマブ デルクステカンを評価した.試験のパート 1 では,推奨用量を決定するためにトラスツズマブ デルクステカンの 3 用量を評価し,パート 2 では,推奨用量の有効性と安全性を評価した.主要評価項目は,独立した中央判定に基づく客観的奏効割合とした.主な副次的評価項目は,病勢コントロール率,臨床的利益の割合,奏効期間,無増悪生存期間,安全性とした.

結 果

全体で,中央値で 6 種類の治療歴がある 184 例が,トラスツズマブ デルクステカンの投与を推奨用量(5.4 mg/kg 体重)で受けた.intention-to-treat 解析では,112 例(60.9%,95%信頼区間 [CI] 53.4~68.0)で治療が奏効したことが報告された.追跡期間中央値は 11.1 ヵ月(0.7~19.9)であった.奏効期間中央値は 14.8 ヵ月(95% CI 13.8~16.9),無増悪生存期間中央値は 16.4 ヵ月(95% CI 12.7~未到達)であった.試験期間中にとくに頻度の高かったグレード 3 以上の有害事象は,好中球減少(患者の 20.7%),貧血(8.7%),悪心(7.6%)であった.独立判定委員会により,患者の 13.6%に認められた間質性肺疾患(グレード 1 または 2:10.9%,グレード 3 または 4:0.5%,グレード 5:2.2%)は試験薬に関連すると判断された.

結 論

トラスツズマブ デルクステカンは,治療歴のある HER2 陽性転移性乳癌の患者集団において持続的な抗腫瘍活性を示した.悪心や骨髄抑制のほか,間質性肺疾患が一部の患者に認められたため,呼吸器症状に留意し,注意深くモニタリングする必要がある.(第一三共社,アストラゼネカ社から研究助成を受けた.DESTINY-Breast01 試験:ClinicalTrials.gov 登録番号 NCT03248492)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2020; 382 : 610 - 21. )