The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

December 10, 2020 Vol. 383 No. 24

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

SARS-CoV-2 の遺伝子組換えスパイク蛋白ナノ粒子ワクチンの第 1・2 相試験
Phase 1–2 Trial of a SARS-CoV-2 Recombinant Spike Protein Nanoparticle Vaccine

C. Keech and Others

背景

NVX-CoV2373 は,三量体全長 SARS-CoV-2 スパイク糖蛋白と Matrix-M1 アジュバントで構成される,重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2(rSARS-CoV-2)の遺伝子組換えナノ粒子ワクチンである.

方 法

この rSARS-CoV-2 ワクチンの安全性と免疫原性を評価するため,健康な成人 131 例を対象に無作為化プラセボ対照第 1・2 相試験を開始した(用量は 5μg と 25μg で,Matrix-M1 アジュバント添加または無添加,観察者には試験群の割付けを盲検化).第 1 相ではワクチンを 21 日間隔で 2 回筋肉内接種した.主要転帰は,副反応および米国食品医薬品局(FDA)の毒性評価尺度で判定した臨床検査値(生化学・血液学的検査)に基づく安全性と,IgG 抗スパイク蛋白反応(酵素免疫測定法 [ELISA] 単位)とした.副次的転帰は自発的に報告された有害事象,野生株ウイルス中和(マイクロ中和試験で測定),T 細胞応答(サイトカイン染色で評価)などとした.IgG ELISA とマイクロ中和試験の結果を,新型コロナウイルス感染症(Covid-19)患者(大部分が症候性)の回復期血清検体 32 例(IgG)および 29 例(中和)と比較した.35 日目に主要解析を行った.

結 果

無作為化により 83 例がアジュバント添加ワクチン群,25 例がアジュバント無添加ワクチン群,23 例がプラセボ群に割り付けられた.重篤な有害事象は認められなかった.副反応は,参加者の大部分でなしまたは軽度であり,アジュバント添加ワクチンでより多く,発現期間は短かった(平均 2 日以下).1 例に軽度の発熱が 1 日あった.自発的に報告された有害事象は大部分が軽度であり,重度の有害事象はなかった.アジュバントの添加は,免疫応答を強化し,必要な抗原量を少なくし,1 型ヘルパー T 細胞(Th1)応答を誘導した.アジュバント添加ワクチン 5μg 2 回のレジメンにより,Covid-19 患者(大部分が症候性)の回復期血清中の抗体価を上回る抗スパイク IgG 抗体(幾何平均値 63,160 ELISA 単位)と中和抗体(幾何平均値 3,906)が誘導された(Covid-19 患者ではそれぞれ幾何平均値で 8,344 と 983).

結 論

35 日時点で,NVX-CoV2373 は安全と思われ,Covid-19 回復期血清中の抗体価を上回る免疫応答を誘導した.Matrix-M1 アジュバントは Th1 表現型に方向付けされる CD4 陽性 T 細胞応答を誘導した.(感染症流行対策イノベーション連合ほかから研究助成を受けた.ClinicalTrials.gov 登録番号 NCT04368988)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2020; 383 : 2320 - 32. )