The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

July 23, 2020 Vol. 383 No. 4

ニューヨーク州の小児における多臓器炎症症候群
Multisystem Inflammatory Syndrome in Children in New York State

E.M. Dufort and Others

背景

小児における多臓器炎症症候群(MIS-C)は新型コロナウイルス感染症と関連している.ニューヨーク州保健局(NYSDOH)は,MIS-C で入院した患児について,全州規模の積極的サーベイランスを確立した.

方 法

ニューヨーク州の病院が,21 歳未満の入院患児における川崎病,トキシックショック症候群,心筋炎の症例,MIS-C の可能性がある症例を NYSDOH に報告し,診療録を送付した.記述的分析を行い,2020 年 3 月 1 日~5 月 10 日に NYSDOH の MIS-C の症例定義を満たした患児の臨床像,合併症,転帰を要約した.

結 果

2020 年 5 月 10 日の時点で,MIS-C の可能性がある症例 191 例が NYSDOH に報告された.MIS-C の確診例 95 例(検査で確認された急性または最近の重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2 [SARS-CoV-2] 感染)と疑い例 4 例(臨床基準と疫学的基準を満たした)のうち,53 例(54%)が男性で,人種に関するデータのあった 78 例中 31 例(40%)が黒人,民族に関するデータのあった 85 例中 31 例(36%)がヒスパニック系であった.31 例(31%)が 0~5 歳,42 例(42%)が 6~12 歳,26 例(26%)が 13~20 歳であった.全例が自覚的な熱感または悪寒を訴えて受診しており,97%に頻脈,80%に消化器症状,60%に皮疹,56%に結膜充血,27%に粘膜の変化が認められた.C 反応性蛋白値,D ダイマー値,トロポニン値の上昇が,それぞれ患児の 100%,91%,71%に認められた.62%が昇圧薬による補助療法を受け,53%に心筋炎の所見があり,80%が集中治療室に入室し,2 例が死亡した.入院期間の中央値は 6 日であった.

結 論

ニューヨーク州の小児における多臓器炎症症候群の出現は,SARS-CoV-2 の感染拡大と同じ時期にみられた.皮膚,皮膚粘膜,消化器の症状を伴うこの過剰炎症症候群は,心機能障害と関連していた.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2020; 383 : 347 - 58. )