The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

September 3, 2020 Vol. 383 No. 10

筋萎縮性側索硬化症に対するフェニル酪酸ナトリウム–タウルウルソジオールの試験
Trial of Sodium Phenylbutyrate–Taurursodiol for Amyotrophic Lateral Sclerosis

S. Paganoni and Others

背景

フェニル酪酸ナトリウムとタウルウルソジオール(taurursodiol)は,実験モデルでは神経細胞死を抑制することが示されている.筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者に対するこの 2 つの化合物の併用の有効性と安全性は明らかにされていない.

方 法

多施設共同無作為化二重盲検試験で,ALS 確実(definite)に該当する発症後 18 ヵ月以内の患者を登録した.患者を,フェニル酪酸ナトリウム–タウルウルソジオールを投与する群(フェニル酪酸ナトリウム 3 g とタウルウルソジオール 1 g を 1 日 1 回 3 週間,その後は 1 日 2 回)と,プラセボを投与する群に 2:1 の割合で無作為に割り付けた.主要評価項目は,24 週間における「筋萎縮性側索硬化症機能評価スケール改訂版(ALSFRS-R)」(0~48 で,スコアが高いほど機能が良好であることを示す)の合計スコアの低下率とした.副次的評価項目は,等尺性筋力・血漿中リン酸化軸索ニューロフィラメント H サブユニット濃度・静的肺活量の低下率,死亡・気管切開・永続的な人工換気までの期間,死亡・気管切開・永続的な人工換気・入院までの期間とした.

結 果

ALS 患者 177 例が適格性のスクリーニングを受け,137 例がフェニル酪酸ナトリウム–タウルウルソジオール群(89 例)またはプラセボ群(48 例)に無作為に割り付けられた.修正 intention-to-treat解析では,ALSFRS-R スコアの変化率の平均は実薬群で -1.24 点/月,プラセボ群で -1.66 点/月であった(差 0.42 点/月,95%信頼区間 0.03~0.81,P=0.03).副次的評価項目に 2 群間で有意差は認められなかった.実薬による有害事象は主に消化器系であった.

結 論

フェニル酪酸ナトリウム–タウルウルソジオールにより,24 週間の期間における ALSFRS-R スコアで測定した機能の低下が,プラセボよりも遅延した.副次的評価項目に 2 群間で有意差は認められなかった.ALS 患者に対するフェニル酪酸ナトリウム–タウルウルソジオールの有効性と安全性を評価するには,より長期かつ大規模な試験が必要である.(アミリクス ファーマシューティカルズ社ほかから研究助成を受けた.CENTAUR 試験:ClinicalTrials.gov 登録番号 NCT03127514)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2020; 383 : 919 - 30. )