The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み
  • 目 次
  • This Week at NEJM.org

    NEJM.orgからピックアップされている注目記事の一覧です.

September 5, 2013
Vol. 369 No. 10

ORIGINAL ARTICLES

  • 初回経皮的冠動脈インターベンションにおける病院到着からバルーン拡張までの時間と死亡率
    Door-to-Balloon Time and Mortality in Primary PCI

    全米心血管データ登録のデータを解析した結果,初回経皮的冠動脈インターベンション(プライマリ PCI)を受ける患者の平均 door-to-balloon time は,2005 年に 83 分であったのが,2009 年には 67 分に短縮されたが,この期間の院内死亡率には変化がないことが明らかになった.

  • CT で発見された肺結節における癌の確率
    Probability of Cancer in CT-Detected Pulmonary Nodules

    CT による肺癌スクリーニングを行った 2 つの大規模データセットのデータを用いて,著者らは,年齢が高いこと,女性,上葉に結節を認めること,結節数が少ないこと,結節の特定の特徴などの,結節が悪性である確率を上昇させる因子を同定した.

  • 全米肺癌スクリーニング試験における癌発生スクリーニングの結果
    Results of Incidence Screening in the NLST

    低線量 CT と胸部 X 線を比較した試験の結果の分析により,CT のほうがスクリーニング陽性結果における陽性適中率は低かったが,より早期の肺癌がより多く発見されたことが示された.

  • 推定糸球体濾過量の算出におけるシスタチン C とクレアチニンとの比較
    Cystatin C or Creatinine to Determine eGFR

    16 の研究を対象としたこのメタ解析で,研究者は,推定糸球体濾過量(eGFR)をシスタチン C を単独で用いるかクレアチニンと組み合わせて用いて算出し,評価を行った.シスタチン C 値によって,慢性腎臓病の転帰予測が改善した.

  • カンタロープメロンに関連したリステリア症の集団発生
    Listeriosis Outbreak Associated with Cantaloupe

    2011 年,米国でリステリア症が集団発生し,28 州の少なくとも 147 人が感染し,33 例の死亡との関連が示された.迅速な調査によって,発生源は特定の農場で生産されたカンタロープメロンであることが突き止められた.

GLOBAL HEALTH

  • 非感染性疾患に関する行動危険因子
    Behavioral Risk Factors for Noncommunicable Diseases

    グローバルヘルスシリーズのこの総説では,喫煙,飲酒,肥満が非感染性疾患による疾病負担に果たす役割に焦点を当てている.

PERSPECTIVE

  • 地域医療従事者
    Community Health Workers

    医療制度改革の取組みの一環として,地域の人々に,的を絞った医療研修を受けさせ,労働人口に占める地域医療従事者の数を増やすことで,健康転帰の向上,医療費の削減,雇用の創出がもたらされる可能性がある.

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE VIDEO

  • 著明な上肢クローヌス
    Marked Upper Limb Clonus

    著明な上肢クローヌス

    右の内包・視床出血により左片麻痺が生じた 4 ヵ月後に,左手関節の不意の過伸展によって誘発された著明なクローヌスを動画でご覧ください.

QUICK TAKE ANIMATION

  • CT で発見された肺結節
    Pulmonary Nodules Detected on CT

    CT で発見された肺結節

    低線量 CT スクリーニングではじめて発見された肺結節の,悪性腫瘍リスクに関する新しい研究を簡潔にまとめたアニメーションを,NEJM.org でご覧ください.

PERSPECTIVE VIDEO INTERVIEW

  • 協調と競争
    Coordination vs. Competition

    Katherine Baicker が,医療費負担適正化法後の,米国の医療における協調と競争のバランスについて論じる.