The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み
  • 目 次
  • This Week at NEJM.org

    NEJM.orgからピックアップされている注目記事の一覧です.

October 7, 2021
Vol. 385 No. 15

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • 医療の場における Covid-19 ワクチンの有効性
    Covid-19 Vaccine Effectiveness in Medical Settings

    米国の 187 病院への入院 41,552 件,221 の救急部または緊急診療所への受診 21,522 件の解析が,検査陰性者を対照とする test-negative デザインを用いて行われた.mRNA ベースのワクチン(2 回目の接種後 14 日以上経過)は,入院,ICU 入室,緊急受診にいたった SARS-CoV-2 感染に対する有効性が高く,それぞれ 89%,90%,91%であった.

  • 感染性壊死性膵炎に対する即時ドレナージと待期ドレナージとの比較
    Immediate vs. Delayed Drainage for Infected Necrotizing Pancreatitis

    感染性壊死性膵炎の患者を対象とした多施設共同無作為化試験で,感染性壊死の診断から 24 時間以内の即時ドレナージが,待期ドレナージと比較検討された.合併症の抑制に関して,即時ドレナージは待期ドレナージに対して優越性を示さなかった.即時ドレナージに割り付けられた患者は,侵襲的手技が行われる回数が多かった.

  • Covid-19 に対するバムラニビマブとエテセビマブの併用
    Bamlanivimab plus Etesevimab for Covid-19

    重症 Covid-19 のリスクが高い外来患者 1,035 例を対象とした第 3 相試験で,SARS-CoV-2 を標的とするモノクローナル抗体 2 剤の併用投与を受けた患者は,プラセボの投与を受けた患者と比較してウイルス量が有意に減少し,重症化する割合が有意に低かった.

  • イスラエルにおける Covid-19 ワクチンの 3 回目の接種
    Third Dose of Covid-19 Vaccine in Israel

    イスラエルでは,BNT162b2 mRNA ワクチンの 2 回接種を完了している 60 歳以上の住民 100 万人超が,2021 年 7 月 30 日から 3 回目の接種(ブースター接種)を受けている.8 月 31 日の時点で,検査で確認された Covid-19 感染の発生率は,ブースター群では非ブースター群の 11.3 分の 1 であり,重症 Covid-19 の発生率は 19.5 分の 1 であった.

  • 短報:すべてのコロナウイルスに対する広域中和抗体
    Brief Report: Broadly Neutralizing Antibodies against Coronaviruses

    2002~03 年に SARS-CoV-1 感染から回復した人々は,最長 17 年間中和抗体を有することが確認されている.そのような人々に SARS-CoV-2 に対する BNT162b2 ワクチンを接種したところ,SARS-CoV-2 のすべての「懸念される変異株」だけでなく,コウモリとセンザンコウで検出された種類のコロナウイルスに対しても中和能を示す高力価の抗体が誘導された.すべてのベータコロナウイルスに対する免疫が獲得できるかもしれない.

REVIEW ARTICLE

  • 自己免疫性溶血性貧血
    Autoimmune Hemolytic Anemias

    自己免疫性溶血性貧血

    溶血性貧血はまれな病態であるが,自己免疫により赤血球が破壊されて生じることが多い.溶血は血管内で起こることもあれば,血管外で起こることもある.一般に,温式抗体による溶血には IgG が介在し,冷式抗体による溶血には IgM が介在する.免疫抑制が主な治療である.

CLINICAL PROBLEM-SOLVING

  • 飲み込みにくい
    Hard to Swallow

    これまで健康であった 20 歳の大学生が,Covid-19 パンデミックより前に,3 日間続く咽喉痛,倦怠感,咳嗽,悪寒を訴えて受診した.女性に鼻閉や鼻漏はなかった.

Videos, Images, and Multimedia

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • 心臓内の骨セメント塞栓
    Intracardiac Cement Embolism

    心臓内の骨セメント塞栓

    最近椎体形成術を受けた 56 歳の男性が,胸膜痛で受診した.画像検査で心臓内に異物が認められた.心臓胸部手術時に,異物(動画で示す)が右房を穿通し,右肺に刺入しているのが確認された.心臓内の骨セメント塞栓と診断された.

NEJM QUICK TAKE

  • より重症の Covid-19 に対するワクチンの有効性
    Covid-19 Vaccine Effectiveness against More Severe Disease

    より重症の Covid-19 に対するワクチンの有効性

    米国で利用可能な 3 つの Covid-19 ワクチンは,臨床試験で有症状の Covid-19 に対して高い有効性が示された.しかし,入院,集中治療室入室,救急部・緊急診療所受診を必要とする,より重症の Covid-19 の防御能についてはデータが限られている.新しい研究知見が短い動画にまとめられている.

  • 感染性壊死性膵炎に対する介入のタイミング
    Intervention Timing for Infected Necrotizing Pancreatitis

    感染性壊死性膵炎では,壊死巣が被包化されるまでカテーテルドレナージが待期されることが多いが,その理由の一つは侵襲的介入による合併症が起こらないようにするためである.しかし,最新の低侵襲ドレナージ介入では,待期することの重要性は低い可能性があり,最近の指針には,即時ドレナージを支持するものもある.新しい研究知見が短い動画にまとめられている.

  • SARS-CoV-1 感染生存者におけるCovid-19 ワクチンの防御効果
    Protective Effects of Covid-19 Vaccines in SARS-CoV-1 Survivors

    SARS-CoV-1 感染生存者におけるCovid-19 ワクチンの防御効果

    SARS-CoV-2 の変異株の出現は,現在のワクチンの有効性に課題を突き付ける.既知の「懸念される変異株」を制御し,他のサルベコウイルスによる感染を防ぐことのできるワクチンが最善であると思われる.新しい研究知見が短い動画にまとめられている.

EDITORIAL VIDEO

  • 臨床試験における代表性
    Representation in Clinical Trials

    臨床試験における代表性

    本誌の編集者と編集委員会のメンバーが,新しいポリシーである臨床試験における代表性を,すべての人の健康増進における研究の妥当性を高めるのに不可欠な要素として論じている.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • 因果推論と観察研究
    Causal Inference and Observational Studies

    因果推論と観察研究

    Miguel Hernán が,公衆衛生や臨床意思決定に有用な情報源として,観察研究データを使用することについて論じている.