The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

Covid-19 入院患者に対するデキサメタゾン ― 予備的報告
Dexamethasone in Hospitalized Patients with Covid-19 — Preliminary Report

The RECOVERY Collaborative Group

背景

新型コロナウイルス感染症(Covid-19)はびまん性肺障害と関連している.グルココルチコイドは,炎症が関与する肺損傷を修飾することで,呼吸不全および死亡への進行を抑える可能性がある.

方 法

Covid-19 で入院した患者において可能性のあるさまざまな治療を比較する非盲検対照試験で,患者を,デキサメタゾン(6 mg を 1 日 1 回)を最大 10 日間経口または静脈内投与する群と,通常治療のみを行う群に無作為に割り付けた.主要転帰は 28 日死亡率とした.この比較の予備的結果を報告する.

結 果

2,104 例をデキサメタゾン投与群,4,321 例を通常治療群に割り付けた.全体で,デキサメタゾン群の 482 例(22.9%)と通常治療群の 1,110 例(25.7%)が無作為化後 28 日以内に死亡した(年齢調整率比 0.83,95%信頼区間 [CI] 0.75~0.93,P<0.001).死亡率における群間の相対差および絶対差は,無作為化時に患者が受けていた呼吸補助のレベルによって大きく異なった.侵襲的人工呼吸管理を受けていた患者では,デキサメタゾン群のほうが通常治療群よりも死亡率が低く(29.3% 対 41.4%,率比 0.64,95% CI 0.51~0.81),侵襲的人工呼吸管理を伴わない酸素投与を受けていた患者でもデキサメタゾン群のほうが低かったが(23.3% 対 26.2%,率比 0.82,95% CI 0.72~0.94),無作為化時に呼吸補助を受けていなかった患者では,デキサメタゾン群は通常治療群よりも低くなかった(17.8% 対 14.0%,率比 1.19,95% CI 0.91~1.55).

結 論

Covid-19 で入院した患者に対するデキサメタゾンの使用により,無作為化時に侵襲的人工呼吸管理または酸素投与を受けていた患者では 28 日死亡率が低下したが,呼吸補助を受けていなかった患者では低下しなかった.(英国医学研究評議会,英国国立医療研究機構ほかから研究助成を受けた.RECOVERY 試験:ClinicalTrials.gov 登録番号 NCT04381936,ISRCTN 登録番号 50189673)

英文アブストラクト(DOI: 10.1056/NEJMoa2021436)