The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

January 9, 1997 Vol. 336 No. 2

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

冠動脈血管形成術または冠動脈バイパス手術に無作為割付後の医療費とクオリティー・オブ・ライフ ( QOL )
MEDICAL CARE COSTS AND QUALITY OF LIFE AFTER RANDOMIZATION TO CORONARY ANGIOPLASTY OR CORONARY BYPASS SURGERY

M.A. HLATKY AND OTHERS

背景

多枝冠動脈疾患患者における冠動脈血管形成術とバイパス手術を比較する無作為臨床試験では,死亡および心筋梗塞の総合発生率に有意差を示さなかった.われわれは,血管形成術またはバイパス手術で治療した患者の 5 年の追跡期間における QOL,仕事,および医療費を比較した.

方 法

無作為化バイパス血管形成術血管再生試験(the randomized Bypass Angioplasty Revascularization Investigation)に登録した患者 1,829 人中 934 人がこの試験に参加した.QOL に関する詳細なデータを毎年回収し,経済的データを四半期ごとに回収した.

結 果

最初の 3 年の追跡期間に,日常生活の一般活動を行う能力を測定する Duke 活動状態指標(the Duke Activity Status Index)の機能状況スコアは,バイパス手術群の患者では血管形成術に割付けされた患者より改善した(p < 0.05).QOL の他の測定は,追跡期間中両群とも等しく改善した.血管形成術群の患者はバイパス手術群の患者より 5 週間早く仕事に復帰した(p < 0.001).血管形成術の初回平均費用はバイパス手術の 65%であった(21,113 ドル 対 32,347 ドル,p < 0.001)が,5 年後の総医療費は血管形成術ではバイパス手術の 95%(56,225 ドル 対 58,889 ドル)となり,その差は 2,664 ドルであった(p = 0.047).二枝病変患者では,血管形成術の 5 年医療費はバイパス手術より有意に少なかった(52,930 ドル 対 58,498 ドル,p < 0.05)が,3 枝病変患者では差を認めなかった(60,918 ドル 対 59,430 ドル).5 年追跡後,バイパス手術の総合費用効率は 26,117 ドル/延命年であったが,受け入れ難い 10 万ドル/延命年以上の費用効率を除外できなかった(p = 0.13).糖尿病患者ではバイパス手術により生存が有意に改善するため,バイパス手術はこれらの患者の治療に対してとくに費用効率がよいように思われた.

結 論

多枝冠動脈疾患患者では,冠動脈バイパス手術によって起る初期罹患率の後,冠動脈バイパス手術では 3 年 QOL が冠動脈血管形成術より良好である.冠動脈血管形成術は,2 枝冠動脈疾患患者に限り,5 年医療費がバイパス手術より少ない.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 336 : 92 - 9. )