The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

November 6, 1997 Vol. 337 No. 19

ヒト免疫不全ウイルス感染女性におけるヒトパピローマウイルス感染症
HUMAN PAPILLOMAVIRUS INFECTION IN WOMEN INFECTED WITH THE HUMAN IMMUNODEFICIENCY VIRUS

X-W. SUN AND OTHERS

背景

 ヒト免疫不全ウイルス ( HIV ) 感染女性では,ヒトパピローマウイルス ( HPV ) 感染症が高率で発症する.しかし,HIV 血清陽性女性における HPV 感染症の自然の経緯に関してはほとんどわかっておらず,持続的な HPV 感染症は,HIV 血清陽性女性における子宮頸部扁平上皮内病変および浸潤性子宮頸癌の危険増加を説明できるかもしれない.

方 法

 ニューヨーク市の HIV 血清陽性女性延べ 220 人および HIV 血清陰性女性延べ 231 人を,Pap 試験,HPV DNA に関する検査,そして膣拡大鏡検査などの半年ごとの婦人科検査で 2 回以上評価した.

結 果

 HPV DNA は,HIV 血清陽性女性の 56%および HIV 血清陰性女性の 31%において,初回検査で検出された.4 回の検査の後,HPV 感染症の累積発生率は血清陽性女性で 83%,そして血清陰性女性で 62%であった ( p < 0.001 ).持続的な HPV 感染症は血清陽性女性の 24%に認めたが,血清陰性女性では 4%にすぎなかった ( p < 0.001 ).血清陽性女性の 20%そして血清陰性女性の 3%が,子宮頸癌ともっとも強く関連する HPV - 16 関連ウイルス型 ( 16,31,33,35,または 58 ) もしくは HPV - 18 関連型 ( 18 または 45 ) による持続的感染症を示した ( p < 0.001 ).これまで血清検査陰性であった女性における HPV DNA の検出は,前回の検査以降の期間での性行動とは関連しなかった.

結 論

 HIV 血清陽性女性は,高グレード扁平上皮内病変および浸潤性子宮頸癌の発症に強く関連するタイプの HPV による持続的 HPV 感染症の発生率が高い.これらの持続的感染症は,HIV 血清陽性女性における扁平上皮内病変の発生率増加を説明する可能性がある.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 337 : 1343 - 9. )