The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

December 25, 1997 Vol. 337 No. 26

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

疱疹状皮膚炎患者におけるオート麦の無害性
ABSENCE OF TOXICITY OF OATS IN PATIENTS WITH DERMATITIS HERPETIFORMIS

C.M. HARDMAN AND OTHERS

背景

グルテン感受性の人は小麦,ライ麦および大麦を含む食品を避けるべきであるが,オート麦を避けるべきか否かに関しては論争がある.セリアック病患者は最近,オート麦に耐性を示すことが示唆されたが,疱疹状皮膚炎患者に及ぼすオート麦の影響に関してはほとんどわかっていない.

方 法

われわれは,生検によって確認した疱疹状皮膚炎の男性 7 人および女性 3 人 (平均年齢,58 歳) を調べた.対象は,平均 15.8 年間,厳密なグルテン非含有食に従っていたため,皮疹と腸疾患はコントロールされていた.グルテンが含まれていないオート麦を 12 週間,患者の食事に加えた (平均±[ SD ] 1 日摂取量,62.5 ± 10.8 g ).

結 果

患者のいずれも副作用を示さなかった.抗グリアジン,抗レチクリン,および抗エンドミセス抗体に関する血清検査は,オート麦を食事に加える前および中止後は陰性であった.小腸の絨毛構築は正常のままであった: 陰窩の深さに対する絨毛の高さの比の平均値 (± SE ) は,食事前は 3.59 ± 0.11 および食後 3.71 ± 0.09 (正常 3 ~5 ) で,腸細胞の高さの平均値はそれぞれ,31.36 ± 0.58 μm および 31.75 ± 44 μm (正常範囲,29 ~ 34 ) であった.十二指腸の上皮内リンパ球数はすべて正常範囲内のままであった (平均値,食事前の腸細胞 100 個当り 13.8 ± 1.03 個および食後では腸細胞 100 個当り 14.2 ± 1.2 個; 正常範囲,10 ~ 30 ).皮膚 IgA は有意な変化を示さなかった.

結 論

疱疹状皮膚炎患者では,グルテン非含有食に中等度の量のオート麦を含めても,皮膚または腸に対して有害な影響を与えない.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 337 : 1884 - 7. )