The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

April 15, 1999 Vol. 340 No. 15

局所進行子宮頸癌に対するシスプラチンを中心とした化学療法と放射線療法の同時併用
Concurrent Cisplatin - Based Radiotherapy and Chemotherapy for Locally Advanced Cervical Cancer

P.G. ROSE AND OTHERS

方 法

婦人科領域腫瘍学グループ(the Gynecologic Oncology Group)を代表して,われわれは,局所進行子宮頸癌の患者を対象として,3 種類の化学療法レジメン-シスプラチンの単剤; シスプラチン,フルオロウラシル,およびハイドロキシウレア; ハイドロキシウレアの単剤-と同時併用で組み合せた放射線療法の無作為試験を実施した.ステージ(病期)IIB,III,または IVA の初発未治療の子宮頸癌のうち,浸潤性の偏平上皮癌,腺偏平上皮癌,または腺癌で,傍大動脈のリンパ節転移が認められない女性を試験に組み入れた.本試験の患者は,白血球数が 3,000 / mm3 以上,血小板数が 100,000 / mm3 以上,血清クレアチニンが 2 mg / dL(177 m mol / L)以下,および十分な肝機能を有していることとした.まず,厳格なプロトコールに従って,患者の全例に体外照射による放射線療法を実施した.そして,次の 3 種類の化学療法レジメンの一つに患者を無作為に割り付けた: シスプラチンの体表面積当り 40 mg / m2 を 1 週間に 1 回,6 週間投与(第 1 群); シスプラチンの 50 mg/ m2 の試験 1 日目および 29 日目の投与とともに,フルオロウラシル 4 g / m2 の 96 時間の点滴による試験第 1 日目および 29 日目の投与,およびハイドロキシウレアの 2 g / m2を 1 週間に 2 回,6 週間経口投与(第 2 群); ハイドロキシウレア 3 g / m2 を 1 週間に 2 回,6 週間経口投与(第 3 群).

結 果

解析には 526 例の女性を含めた.追跡調査期間の中央値は 35 ヵ月であった.シスプラチンの投与を受けた 2 群は,どちらの群もハイドロキシウレアの単剤の投与を受けた群よりも無進行生存率が高かった(ハイドロキシウレア単独群と比較して両群とも p < 0.001).第 3 群と比較したときの癌の進行または死亡の相対危険度は,第 1 群では 0.57(95%信頼区間,0.42 ~ 0.78),第 2 群では 0.55(95%信頼区間,0.40 ~ 0.75)であった.全生存率は,第 3 群よりも第 1 群および第 2 群で有意に高く,死亡の相対危険度はそれぞれ 0.61(95%信頼区間,0.44 ~ 0.85)および 0.58(95%信頼区間,0.41 ~ 0.81)であった.

結 論

局所進行子宮頸癌の女性において,放射線療法とシスプラチンを含む化学療法のレジメンは,生存率および無進行生存率を改善させる.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1999; 340 : 1144 - 53. )