The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

November 7, 2019 Vol. 381 No. 19

Phe508del アレルを 1 個有する囊胞性線維症に対するエレクサカフトール,テザカフトール,アイバカフトールの併用
Elexacaftor–Tezacaftor–Ivacaftor for Cystic Fibrosis with a Single Phe508del Allele

P.G. Middleton and Others

背景

囊胞性線維症は,囊胞性線維症膜コンダクタンス制御因子(CFTR)蛋白をコードする遺伝子の変異によって引き起こされ,患者の 90%近くが少なくとも 1 コピーの Phe508del CFTR 変異を有する.Phe508del CFTR 変異と最小機能変異のヘテロ接合体(Phe508del–最小機能遺伝子型)を有する患者を対象とした第 2 相試験では, 次世代の CFTR 矯正薬であるエレクサカフトール(elexacaftor)は,テザカフトール(tezacaftor)とアイバカフトール(ivacaftor)との併用で,Phe508del CFTR の機能と臨床転帰を改善した.

方 法

Phe508del–最小機能遺伝子型を有する 12 歳以上の囊胞性線維症患者を対象に,エレクサカフトール,テザカフトール,アイバカフトールの併用の有効性と安全性を確認する第 3 相無作為化二重盲検プラセボ対照試験を行った.患者を,エレクサカフトール+テザカフトール+アイバカフトール群とプラセボ群に無作為に割り付け,24 週間投与した.主要評価項目は,第 4 週の時点での予測 1 秒量(FEV1)に対する比率のベースラインからの変化の絶対値とした.

結 果

403 例が無作為化され,実薬またはプラセボの投与を少なくとも 1 回受けた.エレクサカフトール+テザカフトール+アイバカフトール群では,プラセボ群と比較して予測 FEV1 に対する比率が第 4 週の時点で 13.8 ポイント高く,第 24 週の時点までに 14.3 ポイント高くなり,呼吸器症状の増悪の発生率は 63%低く,囊胞性線維症質問票改訂版(CFQ-R)の呼吸器領域のスコア(0~100 で,スコアが高いほど患者報告による呼吸器症状 QOL が高いことを示す;臨床的に重要な最小の差は 4 ポイント)は 20.2 ポイント高く,汗中塩化物イオン濃度は 41.8 mmol/L 低かった(すべての比較で P<0.001).エレクサカフトール+テザカフトール+アイバカフトールはおおむね安全で,副作用プロファイルは忍容可能であった.大部分の患者で軽度または中等度の有害事象が発現した.試験レジメンの中止にいたった有害事象は,エレクサカフトール+テザカフトール+アイバカフトール群の 1%で発現した.

結 論

エレクサカフトール+テザカフトール+アイバカフトールは,Phe508del–最小機能遺伝子型を有し,過去に受けた CFTR 調節薬レジメンが無効であった囊胞性線維症患者に有効であった.(バーテックス ファーマシューティカルズ社から研究助成を受けた.VX17-445-102 試験:ClinicalTrials.gov 登録番号 NCT03525444)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2019; 381 : 1809 - 19. )