The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

  • 目 次
  • This Week at NEJM.org

    NEJM.orgからピックアップされている注目記事の一覧です.

October 22, 2015
Vol. 373 No. 17

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • 人工膝関節全置換術の無作為化試験
    A Randomized Trial of Total Knee Replacement

    変形性膝関節症の患者では,人工膝関節全置換術後に保存的治療を行った場合のほうが,保存的治療のみを行った場合よりも 12 ヵ月後の疼痛緩和と機能改善の程度が大きかったが,重篤な有害事象の発現数は多かった.

  • 妊娠中の熱帯熱マラリア原虫数,免疫,疾患
    P. falciparum Burden, Immunity, and Disease in Pregnancy

    マラリア制圧は大きく前進しているが,部分的な免疫が損なわれた状態で感染が発生した場合,より重症化する可能性がある.モザンビークの妊娠女性を対象としたこの研究では,2010~12 年のほうが,2003~05 年よりも熱帯熱マラリア原虫感染に関連する疾患の重症度が高かった.

  • 皮膚癌の化学予防のためのニコチン酸アミド
    Nicotinamide for Skin-Cancer Chemoprevention

    皮膚癌の既往のある患者において,ニコチン酸アミドを投与した例では,プラセボを投与した例と比較して,12 ヵ月の時点での非黒色腫皮膚癌(基底細胞癌と有棘細胞癌)の新規発生率が 23%低く,日光角化症の数も 13%少なかった.有害作用は両群で同様であった.

  • 非扁平上皮肺癌に対するニボルマブ
    Nivolumab in Nonsquamous Lung Cancer

    進行非扁平上皮肺癌で初回治療後に病勢進行が認められた 582 例を対象とした無作為化試験において,ニボルマブを投与した例では,標準薬のドセタキセルを投与した例よりも奏効率が高く,全生存期間が長かった.

REVIEW ARTICLES

  • 好酸球性食道炎
    Eosinophilic Esophagitis

    好酸球性食道炎は,摂食障害の評価を受ける小児や,嚥下障害や食物のつかえ感を呈する成人で診断されることが増えている.この総説では,好酸球性食道炎の診断基準,病態生理,臨床像,治療について考察している.

  • 薬剤性巨赤芽球性貧血
    Drug-Induced Megaloblastic Anemia

    多くの一般的な薬剤は,葉酸やビタミン B12 の吸収を阻害したり,B12 代謝を変化させたり,これらのビタミンが役割を果たす経路を阻害したりすることで,巨赤芽球性貧血を誘発する.これらの作用に打ち勝つためのサプリメント摂取や,薬剤の中止が必要なのかもしれない.

PERSPECTIVE

  • ミュンヘンに押し寄せる難民に対するケア
    Caring for the Wave of Refugees in Munich

    現在起きている中欧・北欧諸国への難民の大移動で,ミュンヘンに流入した難民数はドイツ国内でもっとも多く,週末の 2 日間だけで 20,000 人に上った.こうした難民の医療ニーズに対応していくなかで,主な課題とその解決策に関する洞察が得られた.

Videos, Images, and Multimedia

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • 全身性強皮症における巨大十二指腸
    Megaduodenum in Systemic Sclerosis

    全身性強皮症における巨大十二指腸

    7 年前に全身性強皮症を発症し,メトトレキサートの投与を受けている 46 歳の女性が,3 ヵ月前に始まった腹痛,持続する悪心,未消化物の嘔吐で受診した.バリウム嚥下検査にて,十二指腸の拡張を認めた.

QUICK TAKE

  • 人工膝関節全置換術
    Total Knee Replacement

    人工膝関節全置換術

    人工膝関節全置換術の利益は,術後疼痛や起こりうる長期合併症のリスクを負う価値があるものなのであろうか? 無作為化試験の結果が短い動画にまとめられている.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • コレステロールを低くするための高い価格
    A High Price for Low Cholesterol

    Kevin Schulman が,最近 2 つの PCSK9 阻害薬が承認されたことと,それらの価格が保険料にどのような意味をもつかについて論じている.