The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

  • 目 次
  • This Week at NEJM.org

    NEJM.orgからピックアップされている注目記事の一覧です.

August 20, 2015
Vol. 373 No. 8

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • 誘因のない静脈血栓塞栓症における癌スクリーニング
    Cancer Screening in Unprovoked Venous Thrombosis

    この試験では,誘因のない静脈血栓塞栓症の患者で定期的スクリーニングに腹部・骨盤部 CT 検査を追加しても,潜在癌の検出数は増加しないことが明らかになった.誘因のない静脈血栓塞栓症を初回発症した患者における癌の発生率は,これまでに報告された 10%ではなく,4%であった.

  • C 型肝炎ウイルス感染に対するレジパスビルとソホスブビルの併用
    Ledipasvir and Sofosbuvir for HCV

    ヒト免疫不全ウイルス 1 型(HIV-1)と C 型肝炎ウイルス(HCV)遺伝子型 1 型または 4 型に重複感染しており,有効な抗レトロウイルス療法を受けている患者において,12 週間のレジパスビルとソホスブビルの投与により,96%で HCV のウイルス排除(SVR)が得られた.

  • C 型肝炎ウイルス慢性感染に対するダクラタスビルとソホスブビルの併用
    Daclatasvir plus Sofosbuvir for Chronic HCV

    ヒト免疫不全ウイルス 1 型(HIV-1)と C 型肝炎ウイルス(HCV)に重複感染している患者のうち,ダクラタスビルとソホスブビルを 12 週間投与した患者の 97%において,HCV のウイルス排除(SVR)が報告された.

  • BRAF V600 変異陽性の悪性黒色腫以外の癌に対するベムラフェニブ
    Vemurafenib in BRAF V600–Mutated Nonmelanoma Cancers

    全例が BRAF V600 変異を有する,さまざまな癌種の患者を対象としたベムラフェニブのバスケット試験において,奏効率はきわめて多様であった.BRAF 阻害の奏効には組織型が影響を及ぼす.

  • 転移性前立腺癌に対するドセタキセル+アンドロゲン除去療法
    Docetaxel plus ADT in Metastatic Prostate Cancer

    転移性前立腺癌患者に対するアンドロゲン除去療法(ADT)に 6 サイクルのドセタキセルを追加することで,ADT 単独と比較して,無増悪生存期間と全生存期間の中央値が延長した.

REVIEW ARTICLE

  • 緩和ケア
    Palliative Care

    緩和ケアは,急速に発展しつつある領域であり,チームアプローチにより,重篤な疾患の患者に対する医療の質を高める.この総説では,最近の傾向と,緩和ケアで重点のおかれているコミュニケーション,疼痛・症状の管理,心理社会的評価についてまとめている.

PERSPECTIVE

  • テストステロンと「加齢性性腺機能低下症」
    Testosterone and “Age-Related Hypogonadism”

    高齢男性の「low T(低テストステロン)」に関する消費者向け直接広告が氾濫しているが,米国食品医薬品局(FDA)は,入手可能なデータからは「加齢性性腺機能低下症」に対するテストステロン療法の適応は支持されないと結論付けている.

Videos, Images, and Multimedia

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • 心膜タンポナーデによる電気的交互脈
    Electrical Alternans with Pericardial Tamponade

    心膜タンポナーデによる電気的交互脈

    左乳房のステージ II の癌の既往がある 56 歳の女性が,進行する呼吸困難と疲労のため受診した.経胸壁心エコー検査で認められた,多量の心膜液貯留と,心臓が腹側と背側に振り子様に自由に動く様子を動画で示す.

VIDEOS IN CLINICAL MEDICINE

  • 網膜の検査
    Examination of the Retina

    網膜の検査

    眼底検査は,特定の全身性疾患や,最初に眼球が侵される疾患の検出に重要である. この動画では,網膜の検査に広く用いられている直接検眼鏡検査法を紹介する.

QUICK TAKE

  • 誘因のない静脈血栓塞栓症における潜在癌
    Occult Cancer in Unprovoked VTE

    誘因のない静脈血栓塞栓症における潜在癌

    静脈血栓塞栓症は癌の最初の徴候である場合がある.しかしその頻度はどの程度であろうか? 最新の研究知見が,短い動画にまとめられている.

PERSPECTIVE

  • 私たちの作物に発癌物質?
    Carcinogens on Our Crops?

    Philip Landrigan が,遺伝子組換え作物と,それらに使用されている除草剤に関連する健康上の懸念について論じている.