The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み
  • 目 次
  • This Week at NEJM.org

    NEJM.orgからピックアップされている注目記事の一覧です.

April 15, 2021
Vol. 384 No. 15

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • 肝移植における低温機械灌流保存
    Hypothermic Machine Perfusion in Liver Transplantation

    多施設共同比較試験で,心停止ドナーからの肝移植を受ける患者を,肝臓に従来の浸漬冷却保存を行ってから低温酸素化機械灌流保存を行い移植を受ける群と,従来の浸漬冷却保存のみを行ってから移植を受ける群に無作為に割り付けた.低温灌流保存によって,移植後の非吻合部胆管狭窄のリスクが低下した.

  • うつ病に対するシロシビンの試験
    Trial of Psilocybin for Depression

    選択されたうつ病患者 59 例で行われた無作為化試験で,6 週間の期間にシロシビンを 2 回投与された患者とエスシタロプラムを連日投与された患者とで,ベースラインから 6 週までのうつ病の尺度スコアの変化量に有意差は認められなかった.副次的評価項目は全般的に,シロシビンのほうがエスシタロプラムよりも良好であった.

  • イスラエルにおける mRNA ワクチン BNT162b2 の有効性
    Effectiveness of the BNT162b2 mRNA Vaccine in Israel

    イスラエルの大規模な医療提供組織に加入している 600,000 人近い人で,ワクチン接種後の SARS-CoV-2 感染,有症状の Covid-19,Covid-19 による入院,重症化,死亡の追跡が行われた.初回接種後 14~20 日目の死亡の予防におけるワクチンの有効性は 72%と推定され,2 回目の接種後 7 日以上経過した時点での入院は 87%減少した.これらの結果は無作為化試験で報告された結果と同様であった.

  • 敗血症で人工呼吸管理を受けている成人における鎮静
    Sedation in Mechanically Ventilated Adults with Sepsis

    人工呼吸管理を必要とする患者を浅い鎮静で管理する場合に,使用すべき薬剤は不明である.この無作為化試験では,敗血症で人工呼吸管理が必要な重篤患者の浅い鎮静に用いる薬剤として,デクスメデトミジンとプロポフォールとが比較された.臨床的に重要な差は認められなかった.

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • 腸管嵌頓を伴う腹壁破裂
    Closed Gastroschisis

    在胎 37 週で出生した新生児に,腹壁の欠損部からの小腸と結腸の脱出がみられ,腸管嵌頓を合併した腹壁破裂と呼ばれる状態であった.

MEDICINE AND SOCIETY

  • 治療なくして治癒なし ― 科学への懐疑を和らげる
    No Cure without Care ― Soothing Science Skepticism

    Covid-19 ワクチン忌避は,医療と社会のより深く長期の断絶を反映している.そのため,ワクチン忌避の調査・探求は,このパンデミック以外にも使える方法で,患者診療を改善する機会をもたらす.

Videos, Images, and Multimedia

REVIEW ARTICLE

  • 糸球体濾過とアルブミン尿
    Glomerular Filtration and Albuminuria

    慢性腎臓病は通常,糸球体濾過障壁の障害に起因する.この総説では,糸球体濾過および糸球体透過性の調節における,糸球体毛細血管圧,糸球体基底膜,足細胞の役割について解説している.

CASE RECORDS OF THE MASSACHUSETTS GENERAL HOSPITAL

  • 発熱,側腹部痛,鼠径リンパ節腫脹を呈する女性
    A Woman with Fever, Flank Pain, and Inguinal Lymphadenopathy

    39 歳の女性が,ブラジル訪問後に出現した発熱,圧痛を伴う鼠径リンパ節腫脹,側腹部痛,腹痛を訴えて受診した.寝汗,食欲不振,体重減少もあるという.腹部・骨盤部 CT にて,両側の鼠径リンパ節腫脹,右骨盤側壁リンパ節および胃肝リンパ節の腫大も認められた.診断のための検査が行われた.

NEJM QUICK TAKE

  • 肝移植後の転帰を改善する
    Improving Outcomes after Liver Transplantation

    非吻合部胆管狭窄は肝移植後の主要な合併症であり,その発生の鍵となる機序は虚血再灌流障害である.単純冷却保存により障害をいくらか防ぐことができるが,前臨床試験では短期間の低温酸素化機械灌流によりミトコンドリアの機能が回復し,損傷が軽減することが示されている.新しい研究知見が短い動画にまとめられている.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • サプライズ請求を阻止する
    Reining in Surprise Billing

    Andrew Ryan が,患者が予期せぬ高額医療費請求を受けることを防ぐ新しい法律について論じている.