The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み
  • 目 次
  • This Week at NEJM.org

    NEJM.orgからピックアップされている注目記事の一覧です.

July 15, 2021
Vol. 385 No. 3

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • 心不全による入院中のリハビリテーション
    Rehabilitation after Hospitalization for Heart Failure

    心不全で入院した高齢者が,リハビリテーション介入(複数の身体機能領域を含む)を行う群と対照群に無作為に割り付けられた.介入は入院中または入院後早期に開始し,3 ヵ月間継続した.3 ヵ月の時点で,簡易身体機能テストバッテリ(SPPB)で評価した身体機能は,介入群のほうが対照群よりも良好であった.

  • 構音障害を有する麻痺患者における発話の検出
    Detecting Speech in a Paralyzed Person with Anarthria

    脳幹梗塞による構音障害と痙性四肢麻痺を有する 1 例で,発話を司る皮質領域からのシグナルが,シグナル解析と自然言語モデルで処理された.患者が発語を試みているあいだに,高い精度で単語と文章を読み取ることができた.

  • 慢性移植片対宿主病に対するルキソリチニブ
    Ruxolitinib for Chronic Graft-versus-Host Disease

    慢性移植片対宿主病(GVHD)の標準治療はグルココルチコイドであるが,グルココルチコイド抵抗性 GVHD の二次治療としての標準的な介入はない.グルココルチコイド抵抗性の慢性 GVHD 患者 329 例を対象としたこの試験で,ルキソリチニブが対照(10 の実施可能な治療法から選択)と比較された.24 週の時点での奏効割合は,ルキソリチニブでは 50%であったのに対し,対照治療では 26%であった.

  • 12~15 歳の思春期児における Covid-19 ワクチン BNT162b2 の接種
    BNT162b2 Vaccination against Covid-19 in 12-to-15-Year-Old Adolescents

    12~15 歳の思春期児を対象とした BNT162b2 ワクチンの無作為化試験で,2,260 例がワクチンまたはプラセボの接種を受けた.この試験の 12~15 歳の参加者と,並行試験の 16~25 歳の参加者とで,同程度の SARS-CoV-2 抗体価が誘導された.感染歴のない参加者において,ワクチン接種者では Covid-19 と診断された症例はなかったのに対し,プラセボ接種者では 16 例認められた.

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • 乳児肝血管腫
    Infantile Hepatic Hemangiomas

    生後 16 日の女児が出生体重に戻らず,嗜眠を呈して救急部に搬送された.女児には著明な肝腫大が認められ,超音波検査で肝臓に多数の円形の低エコー病変が認められた.乳児肝血管腫と診断された.

CLINICAL IMPLICATIONS OF BASIC RESEARCH

  • 肝細胞癌の PD-L1 を阻害する
    Inhibiting PD-L1 in Hepatocellular Carcinoma

    肝細胞癌患者では,免疫チェックポイント分子 PD-L1 と血管内皮増殖因子の両方を薬剤で阻害することにより,生存が改善する.この併用療法の成功は,肝細胞癌が生じた状況に左右される可能性がある.

Videos, Images, and Multimedia

VIDEOS IN CLINICAL MEDICINE

  • 酸素療法の実施
    Administration of Supplemental Oxygen

    酸素療法の実施

    酸素療法はよく用いられ,低酸素血症の治療には不可欠である.この動画では,成人患者の救急治療における鼻カニューレ,簡易酸素マスク,フェイステント,ベンチュリ―マスク,非再呼吸式マスク,高流量鼻カニューレを用いた酸素療法の実施に焦点をあてる.

CASE RECORDS OF THE MASSACHUSETTS GENERAL HOSPITAL

  • 発熱,腹痛,頭痛を呈する妊娠女性
    A Pregnant Woman with Fever, Abdominal Pain, and Headache

    発熱,腹痛,頭痛を呈する妊娠女性

    潰瘍性大腸炎を有する 33 歳の妊娠女性が,発熱,悪心,嘔吐,腹痛,頭痛を訴えて妊娠 10 週時に受診した.入院 3 日目,収縮期血圧が 70 mmHg に低下した.3 週間前に潰瘍性大腸炎が再燃して,メチルプレドニゾロンとメサラミンが投与されていた.診断がなされた.

CLINICAL PRACTICE AUDIO

  • 成人におけるてんかん発作の初期管理
    Initial Management of Seizure in Adults

    てんかん発作の診断では,詳細な問診と目撃証言が重要である.単発発作後は,再発のリスクが高い患者を除き,一般的に抗てんかん薬は処方されない.薬剤の選択は,てんかん発作の種類と,患者の併存疾患および妊娠の可能性によって異なる.

NEJM QUICK TAKE

  • 構音障害を有する麻痺患者の発話企図を読み取る
    Decoding Speech Attempts in Anarthria with Paralysis

    構音障害を有する麻痺患者の発話企図を読み取る

    麻痺があり発話能力を失った人は,運動が重度に障害されているため,コミュニケーション支援デバイスを操作することができない場合がある.大脳皮質の活動から直接単語と文章を読み取る技術は,そのような患者にコミュニケーション手段を与える可能性がある.新しい研究知見が短い動画にまとめられている.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • 公平なグローバルワクチンアクセスに向けて
    Toward Equitable Global Vaccine Access

    公平なグローバルワクチンアクセスに向けて

    Suerie Moon が,パンデミックワクチンをすべての人が,いま,そして将来も利用できるようにする方法について論じている.