The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

April 29, 1999 Vol. 340 No. 17

併用抗レトロウイルス療法の治療を受けた HIV - 1 感染成人における Pneumocystis carinii 肺炎に対する一次予防の中止
Discontinuation of Primary Prophylaxis against Pneumocystis carinii Pneumonia in HIV-1-Infected Adults Treated with Combination Antiretroviral Therapy

H. FURRER AND OTHERS

背景

併用抗レトロウイルス療法による治療が成功しているヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染患者において,Pneumocystis carinii 肺炎(ニューモシスチスカリニ肺炎)の一次予防療法を中止できるかどうかは解明されていない.そこで,われわれは,スイス HIV コホート研究(the Swiss HIV Cohort Study)の患者を対象として,この予防療法を中止したときの安全性をプロスペクティブに検討した.

方 法

本試験では,併用抗レトロウイルス療法中に CD4 陽性細胞数が 200 / mm3 以上に増加し,しかもその総リンパ球に対する割合が 14%以上に達して,その状態が少なくとも 12 週間持続していた患者を適格とした.予防療法は試験への登録時に中止し,その後は 3 ヵ月間隔で患者の検査を行った.主要エンドポイントは P. carinii 肺炎の発症とし,副次エンドポイントはトキソプラスマ脳炎の発症とした.

結 果

今回の解析に組み入れられた 262 例の患者のうち,121 例(46.2%)は試験開始時に Toxoplasma gondii の IgG 抗体検査が陽性であった.試験登録時の CD4 陽性細胞数の中央値は 325 / mm3(範囲,210 ~ 806)であった; CD4 陽性細胞数の最低値の中央値は 110 / mm3(範囲,0 ~ 240 / mm3)であった.追跡調査の中央値であった 11.3 ヵ月(範囲,3.0 ~ 18.8 ヵ月)のあいだに,9 例の患者で予防療法が再開され,2 例の患者が死亡した.P. carinii 肺炎あるいはトキソプラスマ脳炎が発症した患者は 1 例もいなかった.P. carinii 肺炎の発症率の片側 99%信頼限界の上限は,100 患者-年当り 1.9 人(238 患者-年の追跡調査に基づいて算出)であった.トキソプラスマ脳炎では,この上限は 100 患者-年当り 4.2 人(110 患者-年の追跡調査に基づいて算出)であった.

結 論

併用抗レトロウイルス療法を受けて,CD4 陽性細胞数が 200 / mm3 以上かつ総リンパ球数に占める割合が 14%以上への持続性の増加が認められた HIV 感染患者では,P. carinii 肺炎に対する一次予防を中止しても安全であると考えられる.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1999; 340 : 1301 - 6. )