The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

January 14, 1999 Vol. 340 No. 2

感染症のあるイヌおよびネコによる咬創の細菌学的分析
BACTERIOLOGIC ANALYSIS OF INFECTED DOG AND CAT BITES

D.A. TALAN, D.M. CITRON, F.M. ABRAHAMIAN, G.J. MORAN, AND E.J.C. GOLDSTEIN

方 法

イヌおよびネコの咬み傷による感染症についての細菌の関与を明らかにするために,18 施設の救急部門でプロスペクティブ試験を実施した.患者が試験への登録に適格である条件は,咬み傷による感染の三つの大項目(発熱,膿瘍,およびリンパ管炎)の 1 項目,あるいは五つの小項目(創傷部の紅斑,創傷部位の圧痛,創傷部の腫脹,排膿,および白血球増加)の 4 項目を満足していなければならなかった.創傷の検体は,研究微生物試験所,場合によっては病院の検査室で,好気性菌および嫌気性菌の培養が行われた.

結 果

委託試験所では,イヌに咬まれた 50 例の患者とネコに咬まれた 57 例の患者の感染創から,培養当りの中央値で 5 株(範囲,0 ~ 16 株)の細菌が分離された.病院の検査室(中央値,1 株; 範囲,0 ~ 5 株; p < 0.001)よりも委託試験所で,有意に多い細菌が分離された.好気性菌と嫌気性菌の両方の分離は創傷の 56%から,好気性菌のみの分離は 36%から,そして嫌気性菌のみの分離は 1%からであった; 7%の培養からは細菌は分離されなかった.イヌの咬み傷(50%)とネコの咬み傷(75%)の両方からもっとも多く分離されたのは,Pasteurella(パスツレラ)属であった.イヌの咬み傷でもっとも一般的に分離された細菌は Pasteurella canis で,ネコの咬み傷でもっとも一般的に分離された細菌は Past. multocida の亜種である multocida と septica で あった.これら以外の一般的な好気性菌は,streptococci(連鎖球菌属),staphylococci(ブドウ球菌属),moraxella(モラクセラ属),および neisseria(ナイセリア属)などであった.一般的な嫌気性菌は,fusobacterium(フゾバクテリウム属),bacteroides(バクテロイデス属),porphyromonas(ポルフィロモナス属),および prevotella(プレボテラ属)などであった.これまでにヒトの病原菌として同定されていない分離菌には,ネコの 2 件の咬み傷から分離された Reimerella anatipestiferと,イヌとネコの咬み傷から分離された Bacteroides tectum,と Prevotella heparinolytica,それと数種類の porphyromonas(ポルフィロモナス)属であった.Erysipelothrix rhusiopathiae が 2 件のネコの咬み傷から分離された.患者の治療としては,微生物学的知見に基づいた適切な治療法である b -ラクタム系の抗生物質と b -ラクタマーゼ阻害剤との併用がもっとも多かった.

結 論

感染症のあるイヌおよびネコの咬み傷には,通常,pasteurella(パスツレラ)属を含む複数の細菌が混在しているが,さらに,臨床の微生物学研究所では日常的には同定されない多くの生物や,噛み傷の創傷病原体として今までに認められていない多くの生物も含まれている可能性がある.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1999; 340 : 85 - 92. )