The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

January 14, 1999 Vol. 340 No. 2

少数民族女性の性行為感染症を予防するための行動介入の無作為比較対照試験
A RANDOMIZED, CONTROLLED TRIAL OF A BEHAVIORAL INTERVENTION TO PREVENT SEXUALLY TRANSMITTED DISEASE AMONG MINORITY WOMEN

R.N. SHAIN AND OTHERS

背景

アフリカ系アメリカ人およびヒスパニック系の女性は,後天性免疫不全症候群(AIDS)を含む性行為感染症への罹患が偏っている.この感染率を低下させるためには,標的母集団に特異的な行動介入を開発し,評価することが重要である.

方 法

非ウイルス性の性行為感染症の女性を,性および文化に特異的な行動介入の無作為試験に組み入れた.この介入は,これらの女性が各自の易感染性を認識し,行動を改め,そして必要な技能を習得するのを助けるために設計された 3 ~ 4 時間づつの三つの小グループの講習会で構成されたものであった.対照群には,性行為感染症についての標準的なカウンセリングが行われた.介入のデザインは,AIDS リスク低下モデル(AIDS Risk Reduction Model)と試験母集団の民族誌学データを基にして行った.それぞれの群の参加者には,無作為化の前と 6 ヵ月目および 12 ヵ月目の追跡調査の来院時に,スクリーニング検査,カウンセリング,および面接が行われた.もっとも重要な介入結果の変数は,介入後のクラミジアまたは淋菌への感染であり,これは,ロジスティック回帰分析を用いてintention - to - treat に従って評価した.

結 果

合計で 424 例のメキシコ - アメリカ系女性と 193 例のアフリカ - アメリカ系女性が,試験に組み入れられた; 313 例が介入群,304 例が対照群に割り付けられた.介入への参加率は 90%であった.参加者が試験に留まっていた割合は,6 ヵ月目および 12 ヵ月目の来院時のそれぞれで,82%および 89%であった.介入後の感染率は,最初の 6 ヵ月間(介入群の11.3% 対 対照群の17.2%,p = 0.05),次の 6 ヵ月間(9.1% 対 17.7%,p = 0.008),および 12 ヵ月の全試験期間(16.8% 対 26.9%,p =0.004)において,対照群よりも介入群で有意に低かった.

結 論

性行為感染症のリスクが高いメキシコ系アメリカ人およびアフリカ系アメリカ人の女性において,三つの小グループの講習会で構成されたリスク低下の介入は,クラミジアおよび淋菌への感染率を有意に低下させた.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1999; 340 : 93 - 100. )