The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

December 2, 1999 Vol. 341 No. 23

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

新生児の頭蓋内損傷における未産婦の分娩様式による影響
Effect of Mode of Delivery in Nulliparous Women on Neonatal Intracranial Injury

D. TOWNER, M.A. CASTRO, E. EBY-WILKENS, AND W.M. GILBERT

背景

吸引分娩術や他の術式によって産まれた乳幼児は,自然分娩で産まれた乳幼児よりも重大な損傷を受ける可能性があるが,そのリスクの程度については不明である.

方 法

カリフォルニアのデータベースの一つから,1992 ~ 94 年に未産婦から単生児として産まれた体重が 2,500 ~ 4,000g の乳幼児,583,340 例を識別した.これらの乳幼児の 1 / 3 は手術による方法で出産されていた.今回,われわれは,分娩様式と乳幼児の障害との関連についての評価を行った.

結 果

頭蓋内出血は,吸引分娩術によって産まれた乳幼児では 860 例に 1 例,鉗子分娩術によって産まれた乳幼児では 664 例に 1 例,分娩中に緊急施行された帝王切開術によって産まれた乳幼児では 907 例に 1 例,陣痛が始まっていない時期の予定帝王切開術によって産まれた乳幼児では 2,750 例に 1 例,そして自然分娩によって産まれた乳幼児では 1,900 例に 1 例の率で発生していた.硬膜下出血または脳出血の発生率は,自然分娩で産まれた乳幼児と比較すると,吸引分娩術によって産まれた乳幼児(オッズ比,2.7; 95%信頼区間,1.9 ~ 3.9)で有意に高く,鉗子分娩術によって産まれた乳幼児(オッズ比,3.4; 95%信頼区間,1.9 ~ 5.9)や分娩中の帝王切開術によって産まれた乳幼児(オッズ比,2.5; 95%信頼区間,1.8 ~ 3.4)でも同様であった.しかし,吸引分娩術による硬膜下出血や脳出血の発生率は,鉗子分娩術(吸引分娩術と比較したときのオッズ比,1.2; 95%信頼区間,0.7 ~ 2.2)や分娩中の帝王切開術(オッズ比,0.9; 95%信頼区間,0.6 ~ 1.4)による発生率とのあいだには有意差は認められなかった.

結 論

頭蓋内出血の発生率は,自然分娩で産まれた乳幼児と比較して,吸引分娩術,鉗子分娩術,あるいは分娩中の帝王切開術によって産まれた乳幼児では高いものの,陣痛がはじまる前の帝王切開術によって産まれた乳幼児では低い.このことは,変則的な分娩が出血に対する共通した危険因子であることを示唆している.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1999; 341 : 1709 - 14. )