The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

July 15, 1999 Vol. 341 No. 3

Ehrlichia Ewingii,ヒトのエールリッヒ症の新たに確認された病因菌
Ehrlichia Ewingii, a Newly Recognized Agent of Human Ehrlichiosis

R.S. BULLER AND OTHERS

背景

ヒトのエールリッヒ症は,近年確認されたマダニから伝染する感染症である.ヒトには 4 種類の菌種が感染する: Ehrlichia chaffeensis,E. sennetsu,E. canis,およびヒトの顆粒球性エールリッヒ症の病因菌.

方 法

エールリッヒ症が疑われた 413 例の患者から採取した末梢血の白血球を,エールリッヒア属の広域および菌種特異的なポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法を用いて検査した.分離された菌種の同定は,菌種特異的 PCR 法と,エールリヒア属の 16S リボソーム RNA をコードしている遺伝子の塩基配列決定法を用いて行った.血清学的反応は,ウェスタンブロット法を用いて検討した.

結 果

4 例の患者では,広域 PCR 法で白血球にエールリッヒア属の DNA が検出されたが,E. chaffeensis あるいはヒトの顆粒球性エールリッヒ症の原因菌に特異的 PCRでは検出されなかった.これらの PCR 産物のヌクレオチド配列は,E. ewingii,すなわちイヌの顆粒球性エールリッヒ症の原因菌の一つとしてすでに報告されている菌種のヌクレオチド配列と一致していた.これら 4 例の患者は全例がミズーリ州の住人で,1996 年,97 年,または 98 年の 5 ~ 8 月に,発熱,頭痛,および血小板減少が認められたが,白血球の減少は認められた患者もそうでなかった患者もいた.これらの患者の全例にマダニとの接触歴があり,3 例は免疫抑制療法を受けていた.これらの患者の 3 例から得られた回復期の血清検体には,E. chaffensis および E. canisの抗原に反応する抗体が検出されたが,これは E. chaffeensis 感染症のヒトから得られる抗体とはパターンが異なり,実験的に E. ewingii に感染させたイヌの抗体と類似していた.これらの患者の 2 例の好中球からマダニの桑実胚が検出された.この 4 例のすべての患者で,ドキシサイクリンの治療が成功していた.

結 論

今回の結果は,ヒトにおける E. ewingii 感染症の存在を示す証拠となるような知見である.この感染症は,臨床的には,E. chaffeensis あるいはヒトの顆粒球性エールリヒア症の原因菌によって引き起される感染症と識別できない可能性がある.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1999; 341 : 148 - 55. )