The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

December 10, 1998 Vol. 339 No. 24

頭蓋内の未破裂動脈瘤-破裂のリスクと外科的介入のリスク
UNRUPTURED INTRACRANIAL ANEURYSMS-RISK OF RUPTURE AND RISKS OF SURGICAL INTERVENTION

THE INTERNATIONAL STUDY OF UNRUPTURED INTRACRANIAL ANEURYSMS INVESTIGATORS

背景

 頭蓋内未破裂動脈瘤の処置には,これらの病変の自然経過とそれらを修復するリスクを知ることが必要である.

方 法

 米国,カナダ,およびヨーロッパの 53 の試験参加施設において,レトロスペクティブな部分とプロスペクティブな部分をもつ試験に患者延べ 2,621 人が参加した.レトロスペクティブな部分では,頭蓋内動脈瘤 1,937 例を有する患者 1,449 人において,頭蓋内未破裂動脈瘤の自然経過を評価した; 患者の 727 人には異なる動脈瘤からのクモ膜下出血の既往もなく(グループ 1),患者の 722 人は修復に成功した異なる動脈瘤からのクモ膜下出血の既往があった(グループ 2).プロスペクティブな部分では,新たに頭蓋内未破裂動脈瘤と診断された患者 1,172 人における治療関連疾患の罹患率および死亡率を評価した.

結 果

 グループ 1 では,診断時の直径 10 mm 未満の動脈瘤の累積破裂率は 0.05% / 年未満であったが,グループ 2 では約 11 倍であった(0.5% / 年).直径 10 mm 以上の動脈瘤の破裂率は両グループともに 1% / 年未満であったが,グループ 1 では巨大な動脈瘤(直径≧ 25 mm)の破裂率は 1 年目で 6%であった.動脈瘤の大きさおよび位置は破裂の独立予測因子であった.手術関連疾患の罹患率および死亡率の総発生率は,30 日目ではグループ 1 で 17.5%,グループ 2 で 13.6%,1 年ではそれぞれ 15.7%および 13.1%であった.年齢は独立して手術転帰を予測した.

結 論

 直径 10 mm 未満の頭蓋内未破裂動脈瘤の破裂の可能性は,グループ 1 の患者ではきわめて低く,グループ 2 の患者ではかなり高かった.手術に関連した疾患の罹患率および死亡率のリスクは,直径 10 mm 未満の頭蓋内未破裂動脈瘤を有するグループ 1 の患者の 7.5 年分の破裂リスクを大きく超えていた.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1998; 339 : 1725 - 33. )