The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

  • 目 次
  • This Week at NEJM.org

    NEJM.orgからピックアップされている注目記事の一覧です.

January 3, 2019
Vol. 380 No. 1

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • イコサペント酸エチルによる心血管リスクの低減
    Cardiovascular Risk Reduction with Icosapent Ethyl

    スタチン療法を受けていた高トリグリセリド血症患者を対象とした多施設共同プラセボ対照試験において,心血管死亡などの虚血性イベントのリスクは,イコサペント酸エチル 2 g を 1 日 2 回投与した例のほうがプラセボを投与した例よりも有意に低かった.

  • n–3 脂肪酸と心血管疾患および癌
    n−3 Fatty Acids and Cardiovascular Disease and Cancer

    この論文では,癌と心血管疾患の一次予防におけるビタミン D と海洋生物由来 n–3 脂肪酸を評価した無作為化プラセボ対照 2×2 要因デザイン試験の,n–3 脂肪酸に関する結果を報告している.脂肪酸により主要心血管イベントや癌の発生率が低くなることはなかった.

  • ビタミン D と癌および心血管疾患
    Vitamin D and Cancer and Cardiovascular Disease

    この論文では,癌と心血管疾患の予防を目的として n–3 脂肪酸とビタミン D を評価する 2×2 要因デザインの無作為化試験の,ビタミン D に関する結果を報告している.ビタミン D は,プラセボと比較して,浸潤癌と心血管イベントの発生率を低下させなかった.

  • びまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫に対するチサゲンレクロイセル
    Tisagenlecleucel in Diffuse Large B-Cell Lymphoma

    CAR-T 細胞は専門の研究所で細胞を作製する必要があるため,治療に使用できる量が限られている.この研究では,中央の民間研究所で製造された細胞を用いることによって,再発または難治性のびまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫患者の 40%で,持続的な完全奏効が得られた可能性がある.

CLINICAL IMPLICATIONS OF BASIC RESEARCH

  • 特発性肺線維症モデルの作製
    Modeling Idiopathic Pulmonary Fibrosis

    特発性肺線維症のモデルマウスから得られた発症機序に関する知見により,2 型肺胞(AT2)上皮細胞の機能不全が,この疾患の発症に果たす重要な役割が確認された.今後の研究でも同モデルを使用することが支持される.

CORRESPONDENCE

  • コロラド州における Kratomに起因する死亡
    Deaths in Colorado Attributed to Kratom

    Kratom は,高用量でオピオイド様作用を示す植物薬であるが,致死的過剰摂取の可能性は不明である.1999~2017 年にコロラド州で発生した 15 件の Kratom 関連死亡を検討したこの研究では,血清検体の包括的な毒性学的スクリーニングも行われ,Kratom 以外の有毒薬物が同定された.

Videos, Images, and Multimedia

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE VIDEO

  • 経カテーテル大動脈弁置換術後のカンジダ性心内膜炎
    Candida Endocarditis after TAVR

    経カテーテル大動脈弁置換術後のカンジダ性心内膜炎

    うっ血性心不全の既往があり,駆出率 45%の 76 歳の男性が,息切れが悪化したため救急部を受診した.経食道心エコーで人工弁心内膜炎の診断が確定された.

FRONTIERS IN MEDICINE

  • 薬剤開発におけるオリゴヌクレオチド
    Oligonucleotides in Drug Development

    薬剤開発におけるオリゴヌクレオチド

    RNA の構造と機能に関する研究が急速に発展するにつれ,臨床開発段階にある,RNA を調節するオリゴヌクレオチド系薬の数も増えている.この総説では,いくつかの例をあげて,この領域が向かっている方向を示唆している.オンラインで,オリゴヌクレオチド治療薬の概要を示す動画と,著者へのインタビュー音声の視聴が可能である.

CLINICAL PROBLEM-SOLVING VIDEO

  • 右室のエコー輝度の高い腫瘤
    Echodense Mass in the Right Ventricle

    右室のエコー輝度の高い腫瘤

    再発乳癌の既往と,かなり以前と最近の放射線治療歴のある 71 歳の女性が,新たな労作時呼吸困難の進行を訴えて受診した.経胸壁心エコーで,右室にエコー輝度の高い大きな腫瘤と,右室収縮機能不全を示す所見が認められた.

NEJM QUICK TAKE

  • 高トリグリセリド血症におけるリスクを減らす
    Reducing Risk in Hypertriglyceridemia

    高トリグリセリド血症におけるリスクを減らす

    高トリグリセリド血症患者は,スタチンを使用していても心血管リスクがかなり高い.このような患者において,トリグリセリド値を低下させる薬剤,たとえば徐放性ナイアシンやフィブラート系薬などで心血管イベント発生率が低下することは示されていない.新しい研究知見が短い動画にまとめられている.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • 移民の子どもたちを脅かすもの
    Threats to Immigrant Children

    移民の子どもたちを脅かすもの

    Ryan Matlow が,米国市民ではない子どもたちへの標準治療に関する米国の規制に対して示された変更案を論じている.