The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

  • 目 次
  • This Week at NEJM.org

    NEJM.orgからピックアップされている注目記事の一覧です.

February 7, 2019
Vol. 380 No. 6

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • 市中細菌性肺炎に対するオマダサイクリン
    Omadacycline for CABP

    オマダサイクリンは新規テトラサイクリン系抗菌薬であり,広範囲の病原菌に対して活性を示す.成人 774 例を対象とした無作為化比較試験で,オマダサイクリンは,市中細菌性肺炎の治療において,モキシフロキサシンに対して非劣性を示すことが明らかとなった.

  • 皮膚感染症に対するオマダサイクリン
    Omadacycline for Skin Infections

    急性細菌性皮膚・軟部組織感染症に対する治療は,抗菌薬耐性病原体の蔓延が度々繰り返されることでより困難になっている.細菌性皮膚・軟部組織感染症を有する成人 655 例を対象とした無作為化試験で,メチシリン耐性黄色ブドウ球菌など,原因菌を問わずオマダサイクリンはリネゾリドに対して非劣性を示した.

  • 急性非代償性心不全に対するサクビトリル–バルサルタン
    Sacubitril–Valsartan in Acute Decompensated Heart Failure

    急性非代償性心不全患者を,サクビトリル–バルサルタンを投与する群とエナラプリルを投与する群に無作為に割り付けた.8 週の時点で,サクビトリル–バルサルタン群では,脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体 N 端フラグメント濃度の低下がエナラプリル群よりも大きかった.

  • 急性間欠性ポルフィリン症に対する RNA 干渉
    RNA Interference for Acute Intermittent Porphyria

    急性間欠性ポルフィリン症は,アミノレブリン酸(ALA)合成酵素の過剰活性と神経毒性代謝物の過剰産生が生じ,重症の腹痛発作を引き起こす.RNA 干渉治療薬である ギボシラン は,ALA 合成酵素の合成を阻害し,発作率を低下させ,副作用は軽度~中等度であった.

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • ベーチェット病における口腔潰瘍と外陰部潰瘍
    Oral and Genital Ulcers in Behçet’s Disease

    結節性紅斑と最近診断された 31 歳の男性が,口腔潰瘍と外陰部潰瘍が再発して外来クリニックを受診した.ベーチェット病の診断がなされた.

CORRESPONDENCE

  • 臓器提供と薬物中毒に関連した死亡
    Organ Donation and Drug Intoxication–Related Deaths

    薬物中毒で死亡する米国の臓器提供者が増えており,これは一部の地域で待機リストの人数の正味の減少と関連していると考えられる変化である.薬物過剰摂取の蔓延を標的とする効果的な手段がきわめて重要であり,移植団体がそのような取組みを支援している.

Videos, Images, and Multimedia

CLINICAL PROBLEM-SOLVING

  • 悪魔は細部に宿る
    The Devil Is in the Details

    悪魔は細部に宿る

    75 歳の女性が,体重減少(合計減少量 8 kg)と寝汗が 4 ヵ月間続き,入院した.発熱,関節痛,咳嗽, 腹痛, 下痢はないとのことである.

CLINICAL PRACTICE AUDIO

  • プライマリケア環境における抑うつ
    Depression in the Primary Care Setting

    プライマリケア環境における抑うつ

    プライマリケアにおいて,抑うつと自殺傾向のスクリーニングは重要である.大うつ病性障害は,双極性障害と鑑別されるべきである(治療が異なるため).心理療法(軽度うつ病の場合)と薬物療法は有効な治療法である.

CLINICAL DECISIONS

  • 敗血症疑い例に対する抗菌薬
    Antibiotics for Suspected Sepsis

    敗血症が疑われる患者に対する抗菌薬の早期投与に関するこの双方向性の特集記事では,症例を提示し,そのような患者に対する抗菌薬の使用を推奨するエッセイと推奨しないエッセイを紹介している.NEJM.org で投票し,コメントを述べてください.

FRONTIERS IN MEDICINE

  • オルガノイド ― 疾患の前臨床モデル
    Organoids — Preclinical Models of Disease

    オルガノイド ― 疾患の前臨床モデル

    オルガノイドは,幹細胞の自己組織化により形成されるさまざまな細胞で構成される 3 次元構造物であり,臓器の構造と機能をシミュレーションすることができる.この総説は,オルガノイド技術とその応用の一般的なプラットフォームについて概説し,オルガノイドの概要動画,イラスト付きの用語解説,インタビュー音声が付属する.

NEJM QUICK TAKE

  • 市中肺炎を治療する
    Treating Community-Acquired Pneumonia

    市中肺炎を治療する

    市中肺炎は,すべての年齢群,とくに高齢者において,入院や死亡にいたるもっとも頻度の高い感染症である.肺炎球菌やインフルエンザ菌などの病原菌において,既存の抗菌薬に対する耐性が増加している.新しい研究知見が短い動画にまとめられている.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • ケアをするという技術
    The Art of Caring

    ケアをするという技術

    Jeffrey Drazen と Lisa Rosenbaum が,現代の医療において意味を見出すことと,患者とつながりをもつことについて論じている.