The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

January 8, 1998 Vol. 338 No. 2

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

カルシウムチャネル拮抗剤の論争における利害衝突
CONFLICT OF INTEREST IN THE DEBATE OVER CALCIUM - CHANNEL ANTAGONISTS

H.T. STELFOX, G. CHUA, K. O'ROURKE, AND A.S. DETSKY

背景

 医師と製薬企業との財政的協力関係は,そのような関係が利害衝突をもたらす可能性があるため,議論を呼んでいる.医学教育および研究に対する企業支援がどの程度,臨床医および研究者の意見ならびに行動に影響を及ぼすかはわかっていない.カルシウムチャネル拮抗剤の安全性に関する最近の論争は,財政的利害衝突の結果を調べる機会となった.

方 法

 1995 年 3 月~ 1996 年 9 月までに出版された英語の医学文献において,カルシウムチャネル拮抗剤の安全性に関する議論を考察する論文を調査した.論文を再調査してカルシウムチャネル拮抗剤の使用に関して支持,中立,批判的と分類した.論文の著者に対し,カルシウムチャネル拮抗剤の製造企業および競合製品 (例えば,b 遮断剤,アンジオテンシン変換酵素阻害剤,利尿剤,および硝酸塩) の製造企業の両者に関する財政的関係について質問した.著者の製薬企業との財政的関係に従って,カルシウムチャネル拮抗剤の安全性に関する著者の論文での立場を調査した.

結 果

 カルシウムチャネル拮抗剤の使用を支持した著者は,中立または批判的著者より,カルシウムチャネル拮抗剤の製造企業との財政的関係を有することが有意に多かった ( 96% 対それぞれ,60% および 37%; p < 0.001 ).支持する著者はまた,中立または批判的著者より,製品のいかんにかかわらずいずれかの製薬企業と財政的関係を有することが多かった ( 100% 対それぞれ,67% および 43%; p < 0.001 ).

結 論

 われわれの結果は,カルシウムチャネル拮抗剤の安全性に関する著者の論文での立場と製薬企業との財政的関係とのあいだに強い関連があることを証明した.医師は利害衝突に関してより強固な信念を確立する必要がある.われわれは,医薬品試験に関する論文を書く臨床医および研究者に対し,製薬企業との関係についての完全な開示を主張する.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1998; 338 : 101 - 6. )