The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

April 16, 1998 Vol. 338 No. 16

スクリーニングマンモグラムと臨床的乳房検査での疑陽性の 10 年リスク
TEN - YEAR RISK OF FALSE POSITIVE SCREENING MAMMOGRAMS AND CLINICAL BREAST EXAMINATIONS

J.G. ELMORE AND OTHERS

背景

 乳癌スクリーニング検査の疑陽性結果の累積リスクはわかっていない.

方 法

 試験登録時 40 ~ 69 歳の女性 2,400 人において,乳癌スクリーニングと診断的評価に関する 10 年レトロスペクティブコホート試験を実施した.翌 1 年以内に乳癌と診 断されなかった女性において,未確定,癌の疑いがある,あるいは詳しい精密検査を推奨すると解釈されるマンモグラムまたは臨床的乳房検査を疑陽性試験とみなした.

結 果

 スクリーニングマンモグラム延べ 9,762 例およびスクリーニング臨床的乳房検査 10,905 例を実施し,10 年間に女性1 人当りの検査回数の中央値は,マンモグラム 4 回および臨床乳房検査 5 回であった.スクリーニングした女性の中で,23.8 %が少なくとも 1 回はマンモグラム疑陽性で,13.4%が少なくとも 1 回は乳房検査疑陽性,そしていずれかの検査が少なくとも 1 回疑陽性であったのは 31.7%であった.疑陽性結果の推定累積リスクは,マンモグラム 10 回後 49.1% ( 95%信頼区間,40.3 ~ 64.1% ),臨床的乳房検査 10 回後 22.3% ( 95%信頼区間,19.2 ~ 27.5 % ) であった.疑陽性試験により,外来診療予約 870 例,診断的マンモグラム 539 例,超音波検査 186 例,生検 188 例,そして入院 1 例が発生した.乳癌でない女性では,18.6% ( 95%信頼区間,9.8 ~ 41.2% ) がマンモグラム 10 回後に生検を受け,6.2% ( 95%信頼区間,3.7 ~ 11.2% ) が臨床乳房検査 10 回後に生検を受けたと推定される.スクリーニングに 100 ドル支払うごとに,疑陽性結果の評価のためにさらに 33 ドルが支払われた.

結 論

 10 年のあいだに,スクリーニングした女性の 3 分の 1 が,乳癌が存在しないにもかかわらず,異常試験結果を示し,追加の検査を必要とした.高い感度を維持しながら疑陽性結果を減少させる技術が必要である.医師は,乳癌のスクリーニング試験の疑陽性結果のリスクについて女性を指導すべきである.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1998; 338 : 1089 - 96. )