The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

April 16, 1998 Vol. 338 No. 16

ベンチレータ依存未熟児における二つのデキサメタゾン療法の多施設臨床試験
A MULTICENTER TRIAL OF TWO DEXAMETHASONE REGIMENS IN VENTILATOR - DEPENDENT PREMATURE INFANTS

L.-A. PAPILE AND OTHERS

背景

 ベンチレータ依存未熟児はしばしば,デキサメタゾンで治療する.しかし,治療の最適な時期はわかっていない.

方 法

 2 週令での呼吸指数スコア (平均気道圧×吸気酸素分画) が≧ 2.4 であるベンチレータ依存超低体重児 ( 501 ~ 1,500 g ) 371 人において,デキサメタゾン療法を開始する利益と危険を 2 週令と 4 週令で比較した.乳児 182 人にデキサメタゾンを 2 週間投与してその後プラセボを 2 週間投与し,そして乳児 189 人にプラセボを 2 週間投与して,その後デキサメタゾン (治療 14 日目の呼吸指数スコア≧ 2.4 の乳児) またはさらにプラセボを 2 週間投与した.デキサメタゾンは 0.25 mg / kg 体重の用量を 1 日2 回 5 日間静脈内または経口投与し,用量をその後漸減した.

結 果

 ベンチレータ依存までの時間の中央値は,デキサメタゾン-プラセボ群で36 日,そしてプラセボ-デキサメタゾン群では 37 日であった.慢性肺疾患 (妊娠後 36週での酸素補給の必要性として定義) の罹患率はそれぞれ,66%と 67%であった.デキサメタゾンは,デキサメタゾン-プラセボ群では,院内菌血症 (相対危険度,1.5; 95%信頼区間,1.1 ~ 2.1 ) および高血糖症 (相対危険度,1.9; 95%信頼区間,1.2 ~3.0 ) の発生率の増加に関連し,プラセボ-デキサメタゾン群では血圧上昇 (相対危険度,2.9; 95%信頼区間,1.2 ~ 6.9 ) に関連し,両群において体重増加と頭部発育の減少 ( p < 0.001 ) に関連した.

結 論

 ベンチレータ依存未熟児の 2 週令でのデキサメタゾンによる治療は,4 週令での治療より危険で,有用でない.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1998; 338 : 1112 - 8. )