The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

May 14, 1998 Vol. 338 No. 20

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

免疫抑制患者からのリンパ腫におけるエプスタイン - バーウイルスと細胞シグナル伝達経路
EPSTEIN - BARR VIRUS AND A CELLULAR SIGNALING PATHWAY IN LYMPHOMAS FROM IMMUNOSUPPRESSED PATIENTS

D. LIEBOWITZ

背景

 エプスタイン - バーウイルス ( EBV ) は,さまざまな悪性および良性リンパ増殖性疾患に関連する.これはまた,in vitro でヒト B リンパ球を効率的にトランスフォームさせる.EBV 感染細胞の潜在膜蛋白 1 ( LMP1 ) は,腫瘍壊死因子 ( TNF ) 受容体ファミリーのメンバーに類似し,それによって細胞質 TNF 受容体関連因子 ( TRAFs ) を通じて細胞膜から核へ増殖シグナルを伝達することによって,この過程において重要な役割を果たす.わたしは,移植後リンパ増殖性疾患患者と,後天性免疫不全症候群 ( AIDS ) に関連した非ホジキンリンパ腫患者からの腫瘍組織における,TRAFs を通じての LMP1 媒介シグナル伝達の証拠を求めた.

方 法

 腫瘍組織における LMP1 と TRAF - 1 または TRAF - 3 の関連を,二重免疫螢光顕微鏡と免疫沈降反応アッセイによって調べた.LMP1 - TRAF シグナル伝達の証拠は,核因子κB ( NF - κB ) 転写因子に関する電気泳動移動度シフトによって 求めた.

結 果

 移植後リンパ増殖性疾患患者 8 人,AIDS 関連非ホジキンリンパ腫患者 2 人,そして風土病バーキットリンパ腫患者 3 人からの腫瘍を分析した.移植後リンパ増殖性疾患患者 6 人からの腫瘍は EBV 陽性で,LMP1 を発現していた; 二つのサンプルが EBV陰性であった.AIDS 関連非ホジキンリンパ腫の患者 2 人からの腫瘍はいずれも EBV 陽性で LMP1 を発現していたが,バーキット腫瘍患者 3 人全員の腫瘍は EBV 陽性であったがしかし,LMP1 は陰性であった.二重免疫螢光顕微鏡により,LMP1 は,EBV 陽性 LMP1 陽性サンプル 8 例すべてにおいて TRAF - 1 と TRAF - 3 とともに局在し,免疫沈降されたことが示された.電気泳動移動度シフトアッセイにより,EBV 陽性 LMP1 陽性サンプル 8 例すべてにおいて,活性化 NF - κB が示されたが,EBV 陰性 LMP1 陰性サンプルまたは EBV 陽性 LMP1 陰性サンプル 3 例では示されなかった.

結 論

 TRAF システムを通じての LMP - 1 媒介シグナル伝達は,免疫抑制患者に発症する EBV 陽性リンパ腫の発病に役割を果たしている.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1998; 338 : 1413 - 21. )