The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

November 19, 1998 Vol. 339 No. 21

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

慢性 C 型肝炎の初期治療としてのインターフェロン α-2b 単独とリバビリンとの併用の比較
INTERFERON ALFA-2b ALONE OR IN COMBINATION WITH RIBAVIRIN AS INITIAL TREATMENT FOR CHRONIC HEPATITIS C

J.G. MCHUTCHISON AND OTHERS

背景

インターフェロン療法に対して持続的なウイルス学的有効を示すのは,慢性C 型肝炎患者の 15 ~ 20%にすぎない.われわれは,慢性 C 型肝炎の初期治療としての,組換え型インターフェロン α-2b 単独とリバビリン併用時の場合の,有効性と安全性を比較した.

方 法

慢性 C 型肝炎患者 912 人を無作為割付けして,標準用量のインターフェロン α-2b の単独投与またはリバビリン(体重に応じて 1,000 mg/日または 1,200 mg/日を経口投与)との併用投与を 24 週間または 48 週間行った.有効性は,C 型肝炎ウイルス(HCV)RNA 血清濃度およびアミノトランスフェラーゼ血清濃度の測定と,肝生検によって評価した.

結 果

持続的ウイルス学的有効率(治療終了後 24 週での検出不可能な HCV RNA 血清レベルとして定義する)は,併用治療を 24 週間(患者 228 人中 70 人,31%),または 48 週間行った患者群(228 人中 87 人,38%)では,インターフェロン単独投与を 24 週間(231 人中 13 人,6%)または 48 週間(225 人中 29 人,13%)を行った患者より高かった(併用治療の 24 週と 48 週をインターフェロン単独投与と比較して p < 0.001).HCV 遺伝子型 1 型感染症の患者では,インターフェロンとリバビリンで 48 週間治療した患者に最大の有効性を認めた.併用治療で 24 週間(57%)または 48 週間(61%)治療した患者では,インターフェロン単独投与で 24 週間(44%)または 48 週間(41%)治療した患者より一般的に組織学的改善を認めた.併用療法で治療した患者では,薬物用量の減少および治療中断を必要とすることがより多かった.

結 論

慢性 C 型肝炎患者では,インターフェロンおよびリバビリンによる初回療法は,インターフェロン単独による治療より有効であった.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1998; 339 : 1485 - 92. )