The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

March 12, 1998 Vol. 338 No. 11

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

非ステロイド性抗炎症薬に関連した潰瘍に対するオメプラゾールとラニチジンの比較
A COMPARISON OF OMEPRAZOLE WITH RANITIDINE FOR ULCERS ASSOCIATED WITH NONSTEROIDAL ANTIINFLAMMATORY DRUGS

N.D. YEOMANS AND OTHERS

背景

 胃酸分泌抑制は,非ステロイド性抗炎症薬 ( NSAIDs ) の常用に関連した潰瘍のリスクを減少させると考えられているが,これを達成する最善の手段ははっきりしていない.

方 法

 われわれは,NSAIDs による持続的治療を必要とし,胃または十二指腸のいずれかに潰瘍,または 10 ヵ所以上のびらんを示す患者 541 人を調べた.患者を無作為割付けして,オメプラゾール 20 mg または 40 mg /日を毎日,またはラニチジン 150 mg を 1日 2 回,4 または 8 週間の経口投与による二重盲検治療を行った.治療の成功を胃では,潰瘍の消失およびびらんが 5 個未満であること,十二指腸ではびらんが 5 個未満であること,そして消化不良がごく軽微として定義した.治療が成功した患者 432 人を無作為割付けして,オメプラゾール 20 mg /日またはラニチジン 150 mg 1 日 2 回のいずれかによる維持治療を 6 ヵ月間行った.

結 果

 8 週目では,治療が成功したのは,オメプラゾール 20 mg /日投与群の患者では 80% ( 174 人中 140 人),オメプラ ゾール 40 mg /日投与群の患者では 79% ( 187 人中 148 人),そしてラニチジン投与患者では 63% ( 174 人中 110 人) であった (オメプラゾール 20 mg との比較では p < 0.001,オメプラゾール 40 mg との比較では p =0.001 ).すべてのタイプの病変の治癒率は,オメプラゾールではラニチジンより高かった.維持療法のあいだ,6 ヵ月終了時に寛解している患者の推定比はオメプラ ゾール群で 72%,ラニチジン群で 59%であった.副作用率はいずれの時期においても両群で同程度であった.いずれの投薬も耐容性は良好であった.

結 論

 NSAIDs を常用している患者では,オメプラゾールは,ラニチジンより有効に潰瘍を治癒し,予防した.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1998; 338 : 719 - 26. )